注目キーワード

道工具・資材

休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培

液肥を使わないから
技術習得も容易!

栽培技術の習得が、極めて容易であることもメリットだ。液肥を使わないため、従来の水耕栽培技術を大幅に容易化している。実際、農業未経験で入社した同社の新入社員は、簡単な指導のもとEZ水耕によって、入社直後にリーフレタスの生産を開始し、栽培開始から2ヶ月経たずに、初回栽培から収穫・販売することに成功しているという。これなら、新規就農者や異業種参入でも挑戦しやすく、既存の生産者の転作にも適しているかもしれない。




株式会社セプトアグリ


text: Reggy Kawashima

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正