注目キーワード

道工具・資材

果物の温度変化をモニタリングする”偽フルーツ”がスゴい!

輸送中の果物内部の温度を常時モニタリングしてくれる、本物そっくりのかわいい“偽フルーツ”がスイスの研究所で開発された。

“偽フルーツ”のセンサーで
果物の温度をモニタリング

果物内部の温度変化は、果物の品質管理において重要なポイントのひとつ。そこで、輸送中の果物内部の温度を計測するための専用センサーが、スイス連邦材料試験研究所で開発された。

これは、形や色、柔らかさ、大きさまで本物そっくりに似せたフルーツ模型の中心部に、温度変化を感知するセンサーを埋め込んだもの。果物を出荷する際、コンテナの中にこのフルーツ型センサーを同梱し、実物の代わりに、模型内部の温度を常時モニタリングすることで、輸送中の果物の温度変化をより正確に可視化できる仕組みだ。

この仕組みは、品質管理はもとよりサプライチェーンや輸送プロセスの改善にも役立つと期待されている。

Empa Materials Science and Technology


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.04(2017年夏号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...
  3. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  4. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  5. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  6. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 【植物工場ビジネスの最新動向と課題】現状は赤字が約半数。エネルギー削減の取り組み進む...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正