道工具・資材

成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方

有機肥料、化成肥料とは? それぞれの違いと特長を知り、いいとこ取りをしよう! 元肥や追肥にオススメなのはどっち? 肥料の効果的なやり方や注意すべき点を、まるっと解説します。

有機肥料の必要性

化成肥料と有機肥料の大きな違いは、「土壌改良効果」の有無である。施用された有機肥料は微生物によって分解され、その際に出す分泌物の効果で土壌中に団粒構造が形成される。結果、保水性や透水性が良くなる。つまり、ふかふかで良い土になるのだ。

実際に栽培を行っていると、有機肥料をあまり施用していない畑では根が弱ったり、病気になる割合が多い。そのため、有機肥料による土壌改良は、栽培を行う上で欠かせないものである。

有機肥料の分類

有機肥料には様々な種類があるが、どのように選べばいいのだろうか? 有機肥料の性質は炭素率(C/N比)を調べることで見当をつけられる。炭素率とは有機物中に窒素(N)の何倍の炭素(C)が含まれているかを表す数値で、低ければ(10以下)肥料としての効果は高いが土壌改良効果は低く、高ければ肥効は期待できないが土壌改良効果は高い。ちなみに、油かすや乾燥鶏糞は6~8で、牛糞堆肥は15~20である。


有機肥料と微生物

有機肥料を施用する際は注意すべき現象が2つある。「窒素飢餓」と「ガス障害」だ。窒素飢餓とは炭素率の高い(20以上)有機肥料を施用した場合に起き、微生物が有機物を分解する際に土壌中の窒素を体内に取り込んでしまい、作物が窒素を吸収できず育たなくなってしまう現象である。一方ガス障害は炭素率の低い有機肥料でも生じる問題で、分解されやすい有機物が急激に微生物によって分解されることで、二酸化炭素やアンモニアガスが生じ、生育を阻害してしまう現象だ。

一見厄介な問題に思われるかもしれないが、解決策は簡単である。ただ「待つ」だけだ。どのくらい待てばよいかというと、有機肥料の施用量にもよるが長くても1ヶ月程である。1ヶ月は長すぎると感じるならば完熟堆肥を使う手もある。完熟堆肥とは、分解されやすい有機物がほとんど微生物によってすでに分解された堆肥である。この堆肥は分解されにくい有機物だけが残っており、土壌中で急激に分解されることがないため問題が生じにくい。その代わり、堆肥化の過程で窒素がアンモニアガスとして排出されているため、窒素の供給源としては期待できない。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル