道工具・資材

「ミハラス」は他のITセンサーと何が違う?

圃場環境を「見える化」してスマートフォンやPCなどで栽培に役立てるITセンサー。なかでも、広い圃場の「見回りの省力化」に便利と、ハウスだけでなく水田や畑でも導入が広がる「ミハラス」に注目。

MIHARASとは?

圃場の「見回り省力化」「生産性向上」を支援する農業向けITセンサー。大規模化・分散化が進んだ圃場でも、手元で簡単に環境データの監視が可能です。

特徴1

<低コストでシステム導入が可能>
・自社開発センサーの採用により低コスト化を実現。
・データ収集装置とセンサー端末間は、特定小電力無線の採用により通信費不要。

特徴2

<長距離通信により、広範囲・大規模圃場の監視が可能>
・データ収集装置とセンサー端末間の無線通信距離5km以上の実証確認済み。
※無線通信距離は、設置される周囲の環境に依存します。
・データ収集装置1台につき、最大100台のセンサー端末を接続可能。

特徴3

<設置が容易>
・保管性、可搬性を考慮した細型、軽量設計。
・センサー端末は、お客さまで簡単設定(設定機は不要)。


資料ダウンロード・お問い合わせはこちら
ニシム電子工業株式会社
本社:〒812‐8539 福岡市博多区美野島一丁目2番1号
TEL:(092)482-4700
事業所:東京・大阪・広島・福岡・北九州・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島

関連記事

2017/07/12 | 再エネ・最新技術

人気ブランドトマトに求められるもの

2017/04/06 | 再エネ・最新技術

話題のアグリネット導入……効果は?

2016/08/25 | 再エネ・最新技術

農業で活きる、自動車産業の技術

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 嘘、この価格で? クラウド導入でハウス環境最適化
  3. 業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン
  4. 第1回次世代農業セミナー[無料] 11/24(金)開催!
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
  7. GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴
  8. やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
  9. 産地・産業振興に繋げる”6次産業化2.0″とは?
  10. 若手農家の生産物だけを扱うECサイトがオープン!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正