注目キーワード

道工具・資材

業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン

離農による農地面積の拡大や深刻な人手不足を解決すべく、ヤンマー株式会社が最新技術を駆使して開発した新型コンバインの魅力に迫る。

農作業の不便を
業界初の最新技術で解決

現在日本の農業においては、離農による農地集約のため1戸あたりの作業面積と労働量が増えている一方、農業者の高齢化による人手不足が懸念されている。この現状を解決すべく、ヤンマー株式会社が開発・発売したのが6/7条刈りコンバイン「YH6/7シリーズ」だ。

本機は、自動制御で籾のロスを低減する「自動ロス制御」が搭載されている点が大きな魅力である。「自動ロス制御」とは、こぎ胴や揺動板からの籾ロスを機械が検知し、選別・車速・送塵・風量を自動的に調整する機能。

制御レベルは5段階に調節でき、各レベルごとに設定されたロスの上限値を超えると、制御機能が作動しロスを低減する仕組みになっている。この最新技術によりスイッチひとつで誰でも簡単かつ能率的な作業が可能となり、労働時間の短縮や人手不足の改善が期待できる。

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  10. ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正