注目キーワード

道工具・資材

業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン

さらに、エンジンはハイパワーと低燃費の両方を実現するヤンマー独自のシステムを起用。力強い機動力でストレスフリーな作業性を保ちながらも、排気ガスは従来品と比べ1/10にカットされるなど、環境面へも配慮したモデルとなっている。

新規就農者や熟練者に関わらず効率の良い作業ができ、収穫量アップも狙える「YH6/7シリーズ」。
今後は農作業を行う上で欠かせないパートナーとなるだろう。


【商品概要】
商品名:6/7条刈りコンバイン「YH6/7 シリーズ」
発売日:2017年11月1日
メーカー希望小売価格(税抜):
・YH6101 6条刈り(101馬力) 12,140,000~15,540,000円
・YH6115 6条刈り(115馬力) 14,650,000~15,750,000円
・YH7115 7条刈り(115馬力) 16,930,000円

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正