注目キーワード

道工具・資材

農薬ではなく炭酸ガス! ハダニを死滅させるシステム

24時間でいちご農家の天敵ハダニが死滅。農作物と親和性の高い炭酸ガスの新しい使い方をご存じだろうか。

日立化成の提供する、簡易水封式いちご苗炭酸ガス処理システム、「ポリシャインSB」。フィルムで密閉された、炭酸ガスを注入した空間の中に定植前のいちご苗を24時間放置し、寄生するハダニを防除するという仕組みだ。これまでの農薬では完全には防除できなかった、いちご苗の葉の裏にいる成虫や卵をほぼゼロにすることができる。

150305_03

炭酸ガス処理ならハダニに薬剤耐性をつけることがなく、収穫までに使う農薬の使用量を大幅に減らすことが可能。安心・安全への意識が高い消費者にもアピール力は抜群だ。初期及び収穫までの期間のハダニ発生率を大幅に減らすことで、収穫量のアップも期待できる。

簡易組み立て方式で設置しやすく、サイズ変更なども簡単にできるのもメリットだ。

新しい炭酸ガスの使い方として注目度は高い。


HP:日立化成株式会社


 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正