道工具・資材

1g差も見逃さないミニトマト用の精密重量選別機

シンワの小型精密重量選別機は、ミニトマトなどの小さな収穫物を重さで選別。パックに詰める作業を効率化し、歩留まり改善にも大きな効果をもたらす。

パック詰めの効率化と
歩留まり改善に効果

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、ミニトマトの選別機を展示していたシンワ株式会社だ。

ブースの中央で、大きくアピールしていた「小型精密重量選別機」。ミニトマトをはじめ、キンカンやギンナンなどの小さな物なら何でも使用できる。

重さで収穫物を選別する機械だが、売りはその精度の高さ。±0.5gという高精度で重さを見分け、選別する。ミニトマトをパックに詰める作業を効率化するとともに、歩留まり改善に大きな効果があるという。


実際の選別の様子。±0.5gという高精度で重さを見分ける

ブース担当者は、高精度な重量選別機の有用性について「例えば、レストランチェーンや弁当業者などから『7~8gのミニトマトが欲しい』というような依頼が舞い込むことがある。学校の給食や老人ホームなどでも、周囲の人と大きさが違うと、ケンカになるケースがあるようだ。この選別機を使えば、大きさ・重さをきっちり揃えられる」と語った。

DATA

シンワ株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル