道工具・資材

設計から施工まで「かん水システム」トータル提案で他社と差別化

スプリンクラーなどのかん水機器全般を手がけるイーエス・ウォーターネット。資材単品の販売ではなく、かん水システム全体の総合的な提案で、他社との差別化を図る。

国営事業も手がける
水のエキスパート

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、かん水機器全般を手がける株式会社イーエス・ウォーターネットだ。

スプリンクラーをはじめ、水に関することのエキスパートとして、さまざまな案件に対応している同社。GPECのブースでは、遠く東京都多摩市の本社に設置されたスプリンクラーをスマートフォンで遠隔操作するデモ実演などでアピールしていた。


スプリンクラーをスマートフォンで遠隔操作するデモ実演

ブース担当者は「CAD図面や細かな計算などの設計から、実際の現場への設置施工まで、すべて社内で完結できる。拠点も、北は北海道から南は沖縄まで支店や営業所があり、日本全国をカバーしている。この総合力が当社の強み」と語る。

その総合力を活かして注力しているのが、かん水システムのトータル提案だ。資材単品の販売にとどまらず、システム一式すべてを設計から施工まで請け負うことで、他社と差別化している。ホームページでもさまざまなシステムの施工実績を公開しており、「水のエキスパート」であることを訴求。国営事業の受注実績もあるという。

DATA

株式会社イーエス・ウォーターネット

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. 山田杏奈&大友花恋 “新米姉妹”がつなぐ食のバトン
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル