道工具・資材

もう畑を荒らされたくない! 今年使うべき”鳥獣対策アイテム”3選

畑を荒らす野生動物に困っている農家は多いだろう。今年こそ鳥獣をどうにかしたい……そんな人に向けて、試すべき最新対策アイテムを紹介しよう。

シカやイノシシの侵入を防ぐ!
『わたれませんLIGHT』

シカやイノシシなどが侵入しづらいグレーチング付きU字溝『わたれません』から、簡単施工のLIGHT版が発売。60,000円(実証利用の場合は問い合わせ)

問/赤城商会 TEL:0279-24-3131



捕獲したら通知が来る!
スマートトラップ2

狩猟用罠での捕獲時に通知するIoT機器。前モデルに比べバッテリー持続時間は2ヶ月に延長し、通信の安定性も向上。33,800円+システム利用料月額980円

問/huntech(ハンテック)
TEL:050-5218-9424

わな猟免許を持つ
高校生を題材にした漫画
『罠ガール』

高校生ながら「わな猟免許」を持つ朝比奈千代丸は、畑を荒らす野生動物を捕獲するため罠猟に奮闘中! 鳥獣被害と罠猟をリアルに描いた話題作。実践にも役立つ知識が満載だ。570円

問/KADOKAWA(カドカワ)


AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  8. 暑さに負けないトマトを作るには? ハウス栽培は「白色資材」に注目!
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル