注目キーワード

道工具・資材

低価格で効率的な栽培を実現! 使い易さ&信頼性を兼ね備えた期待の養液栽培用複合肥料

「安価でありながら信頼性が高く、使いやすいから効率的」……そんな理想的な複合肥料があると聞き付けて、全農トマトランドにお邪魔して、その特徴と使いやすさの理由を伺った。

手軽さと安心感が魅力の
「アクワン」

訪れた『全農トマトランド』の軒高6mの鉄骨製ハウスでは、数々の最新機器が統合環境制御により粛々と稼働していた。そこで使われている複合肥料が、全農の開発した『アクワン』だ。
 


『アクワン』は養液栽培用の2液式複合肥料。全農トマトランドでは、日射比例式の潅水装置を通じて植物に提供されていた。

 
「とにかく使いやすいですね。N・P・Kだけでなく微量要素もしっかり入っているので、『アクワン』だけで成長してくれます。この手軽さ安心感が、気に入っているポイントです。当所は“普及のため”の技術開発が目的の一つなので、“誰でも手に入れることができる”“使いやすい”という点は、資材選びで重視しています」とトマトランドの緒方さん。
 
一方、販売を担う片倉コープアグリの田中さんによると、「全農・片倉で連携し栽培試験なども実施しており、品質は折り紙付きです。そのうえ競合品より低価格なこともあり、販売は着実に伸びています。『今までの肥料より溶けやすい』『追加で肥料を入れる必要がないから作業がラクになった』という喜びの声が届いています」とのこと。複合肥料のコストや培養液管理の手間に悩んでいる生産者に、ぜひ知って欲しい商品だ。
 


写真は培養液の原液タンク。片方に『アクワン』もう片方に硝酸石灰が入っている。各タンクの原液を水で希釈した「培養液」を作物に与える。

 

取材協力

全農トマトランド


全農が運営するトマトの総合施設。ハウス面積は約20a。取材したハウスは鉄骨ダブルフェンロー型を採用。パッド&ファン気化冷却装置、温湯暖房装置(温湯管は高所作業車のレールを兼ねる)、排ガス再利用式CO2施用装置といった最新機器を装備している。生産性向上のための技術の普及と指標作成、新規商品づくりのための品種選定、人材育成などを担う。
 

DATA

養液栽培用複合肥料

アクワン(2液式:硝酸石灰と併用)


JA全農オリジナルの複合肥料。ラインナップとして、アンモニア態窒素を含むアクワン1号と、アンモニア態窒素を含まないアクワン2号がある。『JA全農式トロ箱養液栽培システム うぃずOne』(栽培管理が容易で安価な栽培システムとしてJA全農がパッケージ開発したトロ箱養液栽培システム)にも対応。今秋には1液式の『アクワンタンク』も発売開始予定だ。

※他の肥料から切り替える際は原液のpH等がこれまで使用していた肥料と変わる可能性がある。都度pHを測定し、必要に応じて調整しながら使用する。
※JAによっては取扱いがない場合がある。

 

問い合わせ

片倉コープアグリ株式会社
TEL:03-5216-6613


写真:松尾夏樹(大川直人写真事務所)
文:川島礼二郎

AGRI JOURNAL vol.16(2020年夏号)より転載

Sponsored by 片倉コープアグリ株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正