注目キーワード

道工具・資材

草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を

農薬や化学肥料、除草剤を使用しなくても、おいしくたくましい野菜をつくりたい。そんな思いを抱く新規就農夫妻が実践するのは、「BLOF理論」に基づく自然に優しい農法だった。

自然と人に優しい
農機・資材

福岡県のほぼ中央に位置する朝倉市。北側に900m前後の山々がそびえ、その麓にのどかな田園風景が広がる美しい里山だ。温暖な気候と肥沃な土地に恵まれ、農業も盛ん。この土地で約3年前に新規就農したのが、さちまる農園の今泉早智さんと朋美さんご夫妻だ。

「好きなことをして暮らしたい」と脱サラした早智さんは、家庭菜園のおもしろさに目覚め、農業ビジネススクール「アグリガーデンスクール&アカデミー」に入学。有機農業について基礎から実践的に学ぶなかで出会い、感銘を受けたのが「BLOF理論」だった


脱サラした今泉早智さんは、今の生活を「やりがいがあり、ストレスフリー」と話す。奥様の朋美さんは、子供のアトピーをきっかけに安心安全な食へ興味を持った。「自信を持って販売できる野菜を作っていられることが幸せです」。

BLOFとは、Bio Logical Farmingの略のことで、植物生理に基づいて土づくりを提唱。自然生態系のメカニズムに基づいてアミノ酸やミネラル、水溶性炭水化物を供給し、農薬や化学肥料を使用しなくても、高品質・高栄養価・多収穫を実現する農業手法だ。さちまる農園では、BLOF理論をもとに、主にニンジン、ミニトマトを栽培・加工販売をしている。


プラム形のミニトマト「アイコ」。BLOF理論により収穫量は3倍にも。

「BLOF理論は、微生物の力を借りた土づくりが基本。すべてに科学的根拠があるので、何かあったときも原因をきちんと突き止められるし、次に活かせるのも魅力です。BLOF理論で育てると、大きくて栄養価が高く、本当においしい野菜になります」(早智さん)

「BLOF理論なら収量も高く、畑の面積が小さくてもOK。結果的に山を削らずに済むなど森や自然を守ることにも繋がる。根底に地球を守ろうという意識がしっかりある点も好きです」(朋美さん)


採れたてのニンジンにレモンを加えて作る「さちまるのにんじんジュース」の加工販売も。ネットショップで取寄可能。

微生物にとって最適な環境を作るために重要な作業のひとつが、緑肥のすき込みだ。ニンジンの圃場では、春の早い時期にソルゴーを播種し、夏までにすき込みを行う。そのとき、活躍するのが、オーレックの『ブルモアー』だ。

「以前は手持ちの草刈機で草を刈っていたんですが、そうすると大きい塊が残ってしまうんです。大きな有機物が土の中に残ると、ニンジンの又根を誘発して、B品ができる原因にもなっていました。『ブルモアー』は、離乳食のように草を細かく粉砕してくれるし、作業もとてもラクになりましたね。今から収獲の時期が楽しみです」(朋美さん)

さちまる農園が目指すのは、人にも環境にも地球にも優しくおいしい野菜づくり。その傍らには、『ブルモアー』がある。

 

DATA

OREC BULL MOWER(HRC804)

長い草や小笹にもラクラク対応。細かく粉砕するので放草しても早く土に還元。
¥619,300(税込)

問い合わせ

株式会社オーレック
TEL:0943-32-5002

さちまる農園


文・写真:曽田夕紀子(株式会社ミゲル)

AGRI JOURNAL vol.20(2021年夏号)より転載

Sponsored by 株式会社オーレック

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正