注目キーワード

道工具・資材

話題のパワーアシストスーツが販売開始

ロボット大賞の優秀賞を受賞した話題のパワーアシストスーツが2017年に販売開始することが決定!農家の身体的負担を大幅に軽減する商品に期待が集まっている。

和歌山大学と同大学発ベンチャーのパワーアシストインターナショナル株式会社が開発している農業用アシストスーツが、2017年に商品化される。

現在、日本の農業は深刻な高齢化問題を抱えている。さらに、農作業は過酷な肉体労働を要する。20kg、30kgもする重い荷物の荷上げ・荷下げ、長時間の中腰・前傾姿勢での作業に加えて、和歌山県のみかん農家では急傾斜地の歩行も求められる。こうした過酷な農作業の身体的負担を軽減するため、平成22年度より農林水産省の研究プロジェクトとして、和歌山大学にて開発されたのが、農業用パワーアシストスーツだ。

はじめは、和歌山県の有田ミカン農家にて実証試験がスタートされた。その後、和歌山県以外の5県にて、キャベツ農家やシイタケ農家など、より多様な農家の協力を得て実証試験を継続した。実際に使用した農家からヒアリングをし、製品にフィードバックを加えてきた結果、荷物の荷上げ・荷下げのアシスト機能、中腰・前傾姿勢を楽に行える姿勢サポート機能、急傾斜地で特に助かる歩行補助機能、という3機能を装備した製品が完成した。

本製品は現在、2017年の市販化に向けて準備中である。予価は約100万円、初回は限定100台を製造する予定だ。レンタルやリースでの販売も検討しているという。

「和歌山のみかん農家を助けたい」という想いに端を発した本製品だが、製品化されれば、より幅広い農家を力強くサポートしてくれることだろう。


和歌山大学 公式サイト


Text:Reggy Kawashima

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  8. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  9. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正