注目キーワード

道工具・資材

株式会社クボタが、この春に新たな機能を備えたコンバイン・トラクタを発売することを発表した。営農が広まる中でどのような機能を新しく備えたのか、また既存の機能でもレベルアップしたのは何なのか、紹介していく。

営農を支援!クボタのコンバインに新機能が搭載

足場をはじめとする仮設機材の販売・レンタルを行う会社が開発した、農業用ハウス。注目される理由は、「低コスト」「高耐候性」「施工スピード」。なぜこのような農業用ハウスの開発に成功したのだろうか?

異業種の技術で開発した、低コストで丈夫なハウス

屋外での作業がこたえる冬のワークウェアで外せないのが防寒機能だ。今回はそれに加え、耐久性やデザイン性に富んだ、日常でも着回しやすいアイテムを人気ブランド「パタゴニア」「KAPITAL」からセレクトして紹介!

冬の農作業で着たい保温力抜群の服装は? パタゴニアなど人気ブランドから紹介!

その年の優れた農業技術を称える「2017年農業技術10大ニュース」。そのひとつとして、水田防除用の自動運転技術を搭載した「ロボットボート」が選ばれた。農水省を唸らせた、これまでの常識をくつがえす薬剤散布用ボートの実態とは?

本田防除がラクになる! 操作不要の「薬剤散布用ロボットボート」

農薬散布に使われる産業用無人ヘリだが、代わりにドローンを使った農薬散布を行うことで、機体コストや労働負担をさらに低減するための動きが広まっている。

これからの農薬散布は「ドローン」が主流に!?

農業総合情報サイト「マイナビ農業」は、サイトの会員を募集中。美味しい野菜や畑仕事に使えるグッズなどが、会員を対象に抽選で当たるキャンペーンを行っている。会員登録の上、ふるってご参加を!

「マイナビ農業」が会員プレゼントキャンペーン

様々な分野のテクノロジーが農業分野に適用される昨今。高収益を謳うシステムやサービスは少なくない。だが、その導入コストは決して少なくなく、中小規模農家にとって高いハードルだ。そんな障害を乗り越えるべく開発された、新しいサービスをご紹介しよう。

養液土耕+クラウドで低コストで高収益を実現!?

ファッションとワークウェアの垣根はなくなり、仕事のときも自分らしいスタイルを貫けるアイテムが続々と登場しています。最高のワークウェアでいつだって自分らしいスタイルを追求したい貴方は必見!この冬のマストアイテムをご紹介!

農業はダサい?これからの農家はオシャレに決める。

農作業中にふと浮かぶ、アイデアや気づき……忘れないように書き留めたいけれど、土まみれの手で紙にメモするのは面倒だ。そんな時に役立つ、腕に巻きつける「ウェアラブルメモ」をご紹介。

栽培の気づきを腕にメモ! 書いて消せる農作業用の新感覚アイテム

徐々に実用性を高めつつある農業用ドローン。性能向上だけでなく、新機能の追加や狙いを絞った製品など、ラインアップは多様化している。今回は、10月の農業ワールドで注目をあつめたドローン4機をご紹介しよう。

活用の幅が広がる、次世代農業ドローン4選

1 15 16 17 18 19 23

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正