注目キーワード

道工具・資材

ネギ農家が「使用した結果、ネギ不足の時期もLLサイズの立派なネギを出荷できた」と、その効果に太鼓判を押す微生物資材「育苗用G2」とは? 期待できる効果を開発者に聞いた。

微生物が根に共生して生育を促進! ネギ農家の強い味方「菌根菌」に注目

バイオスティミュラントは非生物的ストレスを緩和して植物を元気にする新しい資材だ。そう聞いてもピンと来ない人が多いはず。そこで今回は、とあるバイオスティミュラント製品の開発に携わった研究者に解説していただいた。

バイオスティミュラントの研究者に聞く! 「植物を元気にする」の裏にある効果は?

紹介するのは東北は宮城の水稲農家だ。米余り・米価下落が聞こえる2021年においても「過去最高益を記録しそう!」と意気盛んな、“儲かる水稲農家”であり続ける宮城の生産者を訪ねた。

やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案

日本農業が生き残るために必須なのが『作業の効率化』だ。ここではとある作業機を導入して効率化を実現した、家族経営で7品目を生産する宮崎の生産者を紹介しよう。

家族経営の相棒、『ラバータイプディスクハロー』! 農業で増収するための効率化の追求

赤かび病は人間の身体に悪影響を及ぼす「かび毒(DON)」の原因。小麦のDONについて、暫定基準値の設定から20年を経て、2022年の春から基準値が設定されることになった。食の安全が厳しく問われる時代、赤かび病対策を押さえておこう。

対策できていますか? 2022年4月にDONの基準値が変わる小麦の「赤かび病」

趣味の園芸用としてだけでなく、農業のプロもホームセンターで資材を購入する人は多い。ホームセンターカインズで、土壌を整えるアイテムを手に入れよう!

土に栄養をしっかり補給させる「増し土」「カルシウム」で豊かな作物を

水耕栽培と養殖を掛け合わせた、次世代の循環型農業アクアポニックス。その生産設備をパッケージ化し、導入をより簡単にした農場『アクポ二ハウス』の提供が開始された。

魚のフンが肥料に!? 循環型農法「アクアポニックス」をパッケージ化した次世代農場

豊富な品揃えを誇るホームセンターだからこそ見つかるアイテムがきっとある! ホームセンターナフコにある、野菜の土づくりに最適な有機石灰を紹介しよう。

連作障害に負けない! 卵の殻パワーで土本来の力を引き出す有機石灰

元気な野菜を育てるためには、まずは耕うん機で空気や肥料を混ぜ込もう。しかし、耕うん機は比較的高いもの。なかなか手が出せない人は、コメリのオリジナル耕うん機を検討してみて。

畑作のカギ! お手頃価格の耕うん機でより良い土づくりを始めよう

アシストスーツ市場がいよいよ飛躍期に。身体全体からパーツ単位でのアシストと、作業を細分化し開発される最新アシストスーツ。荷物運搬や上向きでの収穫などそれぞれの動きによくフィットする最新版を見ていこう。

腕アシスト機能搭載モデルが続々登場! 飛躍期に入ったアシストスーツの最新事情

1 2 3 4 5 33

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. 畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた...
  10. 今話題の「NFT」は、農業をどう変えていくのか?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正