注目キーワード

道工具・資材

「みどりの食料システム戦略」に記載されたことでバイオスティミュラントが注目されている。そんなバイオスティミュラントのなかから、ここでは低温・低日照ストレスへの耐性を高める製品を紹介しよう。

低温・低日照に強くなる! 『二刀流』のバイオスティミュラントに迫る

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

高糖度・高機能・高単価トマトの「ハピトマ」を栽培し、『新しい農業のかたち』として、スマート農業の現場実装などに積極的に取り組む株式会社Happy Quality。働きやすい環境づくりを目指す同社のハウスでは、労務管理の効率化や作業時の身体への負担軽減のために最新技術が導入されている。

メディエイド アシストギア導入にAI技術集団結成まで…見学者が相次ぐ理想の職場

「ミニ耕うん機を活用しよう!」と聞いても、農業生産者はピンと来ないのではないだろうか? 実は、小面積での新品目の試作や家庭菜園など、案外活躍の場が広い=あると便利なのだ。ここでは三菱農業機械のミニ耕うん機を例に、便利な機能をご紹介していこう。

小面積での試作や家庭菜園に最適! ニーズに合わせて選べるミニ耕うん機 

地球温暖化が叫ばれる一方で、春先に急激に冷え込む年が増えつつあり、それによる凍霜被害が広がっている。ここでは、そんな凍霜被害から作物を守る防霜資材(バイオスティミュラント)の利用者の声をお届けしよう。

凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る

昨夏にホンダが発売したロボット草刈機『グラスミーモ』に興味を持っている方は少なくないはずだ。今回は【体験レポート】の第2弾として、福島県の果樹生産者に実機を体験していただいたレポートをお届けしよう。

人が集う果樹園に! 背景にもくもくと草刈りをする『グラスミーモ』の姿があった

昨年より販売を開始した、ジャパンマグネットの農業用育成用LEDライト。高性能と低価格を両立し、早くも注文が殺到しているという。実際に導入している農家は、どのような効果を感じているのだろうか。

いま注目の「植物育成用LED」の人気の秘密とは? 導入農家の声を聞く

作業中の気分を上げるファッションアイテムをお届けする。機能だけじゃない。つくられたストーリーにも注目したい、2022年ワーカーウェア6選!

ワーカーウェア6選! 機能はもちろん、こだわりの素材やデザインに注目!

日々の作業を辛く困難にするのが、腰痛をはじめとする身体の痛み。健やかに働き続けるためにも、腰痛の予防は習慣にしたい。腰痛や筋肉痛対策に導入する農家が増えている注目のアシストスーツを紹介しよう。

農作業の必需品に! しっかりと腰を守って着脱簡単、優秀アシストギア

農業ロボットと聞くと、難しい操作が必要なのではと身構えてしまう人にこの「メカロン」をご紹介しよう。シンプルな操作がポイントの、あらゆる場面で役立ってくれる「相棒ロボット」だ。

シンプルな操作で人に寄り添う。人と一緒に働く“相棒ロボット”メカロン

1 2 3 4 33

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた...
  10. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正