道工具・資材

建築業者のSUMIDAが、防草シートを開発。必要十分な機能と、価格のリーズナブルさを組み合わせたミドルクラスの商品は、これまでなかったものだ。コストパフォーマンス抜群の防草シートが、建築業者の手で生まれた理由とは。

雑草対策の決定版! コスパに優れた防草シート「はるん田゛」

草刈り機メーカー国内No.1の農機メーカーが、業界初となる除草機構を搭載した水田除草機を開発! 次世代を担う若手就農者に向け、理想とする農業のあり方=コンセプトを体現している。

草刈り機シェアNo.1の農機メーカーが生んだ”人と稲に優しい”水田除草機

農業機器の技術革新は目覚ましい。従来より効率よく、楽に農作業が進められるようになった。最新ロボ農機で、農業の明日は大きく変わる!

農作業が今よりも断然ラクになる! 注目の「最新ロボ農機」7選

冬の農作業は寒さとの闘い。厳しさ極まる冬に備えて、足元を温かく守ってくれる最新ブーツがある。それが「防寒キルト長靴」だ。そこで、これから収穫本番を迎える群馬の人気白菜農家に試してもらった。

履くだけで断然温かい! 冬時期の作業が捗る「防寒キルト長靴」

野菜や果物、加工食品のオリジナル包装資材が小ロットから注文できる! ECショップやイベント販売時にも使える、農家にとって嬉しいパッケージデザインサービスが登場した。

オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場

刈払機での作業に欠かせない、フェイスガードや肩掛けベルト。思わず欲しくなるコスパ抜群なアイテムって? 今ホームセンターで人気のアイテムをご紹介。

刈払機作業の負担を軽減! 除草前に買っておくべき基本アイテム

農研機構は、宮崎県や熊本県らとともに、加工・業務用ホウレンソウの機械収獲体系を構築。従来と比べて、収穫作業時間を1/5~1/10に短縮し、さらに生産コストも削減したという。

収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式

世界で初めて、2万円台という低価格帯を実現したアシストスーツが登場した。農作業で負担のかかる足腰をサポートし、腰痛のリスクを軽減する。

世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!

農業の現場で運搬用にゴルフカートを活用する農家が増加中だ。実際に使い勝手はどんなものなのか、大阪府柏原市のブドウ農家がモニター体験中。使ってみて感じたメリット・デメリットは?

<体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?

海外生まれのスタイリッシュな農業アイテムが上陸。人気ブランドが生んだ"オシャレで高機能"なファッションを身にまとって、仕事中も気分をアゲていこう!

毎日の農業ウェアにプラス! 海外生まれのファッションアイテム

1 2 3 4 15

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
  2. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. 太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル