注目キーワード

生産者の取組み

みかんからレモンへ! 耕作放棄解消の秘策

イベントを通じて
小田原ブランドとして販路開拓を

同プロジェクトでは、耕作放棄地の再生だけでなく、継続的にみかんやレモンの生産を行う農家が収益を得られる仕組みを作るべく、販路開拓に向けたPR活動にも取り組んでいる。

11月4、5日に東京・丸の内仲通りで開催されたイベント、「JAPAN HARVEST 2017 丸の内農園」に小田原片浦のみかんとレモンをPRするブースを出展した。慶應義塾大学の学生たちが中心となって、東京農業大学、東京大学、北里大学、聖心女子大学、上智大学、東洋英和女学院大学の学生と共に、小田原片浦のみかんとレモンをアピール。2日間で用意していた小田原片浦のみかん・レモンおよそ100キロが両日ともに2時間ほどで全て配布終了し、多くの人にその味と耕作放棄解消のための活動をPRした。

これから企業のCSRや学校の農業体験の場として、小田原でのレモン栽培作業を活用してもらうなどの計画もあるそう。まだ始まったばかりのプロジェクトの今後の展開に、期待が高まる。


復刻!小田原みかん園Facebook


取材協力:小田原市経済部農政課 課長 青木一実さん

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を...
  8. 【受付終了】海藻・多糖類型からつくられるバイオスティミュラントってなんだ?...
  9. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  10. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正