注目キーワード

生産者の取組み

規格外野菜がTシャツに? ”着る野菜”デビュー!

残念ながら廃棄されたり、規格外で流通できない野菜を再利用すべく、農業女子プロジェクトと「FOODTEXTILE」がコラボした「着る野菜Tシャツ」プロジェクトが進められている。このプロジェクト、クラウドファウンディングで出資者を募っているのだが、一体どのような取り組みなのだろうか?

農業女子の思いが詰まった
野菜色のTシャツ

農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」と繊維専門商社の豊島株式会社が展開する「FOODTEXTILE(フードテキスタイル)」がコラボした「着る野菜Tシャツ」プロジェクトが進行中だ。

この取り組みは農業女子メンバーの規格外野菜や廃棄野菜を再利用してTシャツを染色し、クラウドファウンディングで販売しようというもの。その出資の締め切りが、1月11日(木)と迫っている。

今回のリターンとなる商品は、ニンジン、トマト、ネギ、ナス、カボチャで染められた5色のTシャツ。柄は無地とそれぞれの野菜のイラストがプリントされたタイプの2種類。農作業やガーデニングはもちろん、普段使いにもピッタリなカラーリングとデザインとなっている。

 

【無地Tシャツ レディース】

 

 

 

【プリントTシャツ ユニセックス】

 

締め切りは明日まで! クラウドファウンディングはMakuakeで現在受付中だ。

廃棄野菜を新しいアップサイクル商品に生まれ変わらせるこの取り組み。再生資源化が重要視されている現在、新たな潮流を生み出せるか注目だ。

DATA

農業女子PJ
FOODTEXTILE

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正