生産者の取組み

高濃度トマトが大人気に! その秘密はPR戦略!?

オスミックトマトの
プロモーション戦略

多くの消費者にオスミックトマトを知ってもらうため、野菜の販売方法としては例を見ないような積極的な姿勢で、各メディア、SNS、イベ ント開催など様々なアプローチでPRを行う。

店頭:試食販売やPR動画でアピール

タブレット端末でのPR動画の再生で、消費者へ興味を喚起しつつ、試食販売の実施店舗を積極的に増 やし、売り場で直接おいしさを伝えている。

公式HP・SNS:「公式アンバサダー」 を任命しPR

SNSのユーザーから、オスミックトマトのアンバサダーを広く募集。任命したアンバサダーに商品を配布し、SNSでおいしさを広めてもらう施策を行っている。

イベント:メディアや SNSとの合わせ技

親子やインフルエンサーに向けて、オスミックトマトを使った料理・試食イベントを実施。コンテストにも参加し、「FOODEX美食女子」グランプリ2018では金賞をはじめ複数の賞を受賞。

メディア:ターゲットに幅広く情報発信

プレスリリースを積極的に配信するなどメディアに対するPR活動を行い、TV番組、新聞、雑誌、WEBメディアにて継続的に取り上げられている。

広告・インパクトのある露出を仕掛ける

雑誌広告のほか、2018年6月からはオスミックトマトの顧客層と親和性の高いマタニティマークとのタイアップで電車広告を掲出予定。

三菱地所と合弁会社設立
更なる生産・販売強化へ

2018年2月26日、株式会社オーガニックソイルは三菱地所株式会社と共同で「株式会社メックアグリ」を設立した。3月には、千葉県千葉市において太陽光利用型環境制御ハウス(4,356㎡)の設置工事に着手、6月には定植を開始し、年間を通して「オスミックトマト」を栽培予定。当初の取り組みとして、約80トン/年の生産・ 販売を目標にしている。「オスミックトマト」の市場のさらなる広がりが期待される。

DATA

株式会社オーガニックソイル
TEL:03-5623-5444


photo: Daisuke Tsuzuki, Tomoko Kotaka
text: Kousuke Ooneda

『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. オフグリッド化&スマート化で未来の農業を実現! スマート農業を加速させる新機材とは...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?...
  10. 新型コロナに対抗! 観光農園が行った話題の宅配サービスが大人気のうちに完売...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正