生産者の取組み

食のプロからも大好評! 「甘いだけじゃない」話題の高糖度トマト

2017年の登場以来、高級レストランや飲食店のオーナー・バイヤーから絶大な人気を集めている「オスミックトマト」。食のプロを振り向かせる理由は、その甘さだけではない。話題の高糖度トマトの真の魅力とは?

オスミックトマトの人気は
ますます拡大中!

オスミックトマトとは?
オーガニックソイルが手掛ける、フルーツのように甘いトマト。おいしさの秘密は、微生物を高密度に含む独自開発の土「オスミックソイル」が、トマト本来のうまみを引き出してくれるから。同社は温度や日光量を自動制御できる「オスミックハウス」で、安定的に通年生産。化学肥料には頼らない。大手スーパーマーケットやオンラインストアで糖度別に4種類を展開。味わう人のお好みに応える。

とにかく甘い―――。一口食べてもらえれば、オスミックトマトの魅力は自ずと伝わる。でも、その一口にたどり着くまでの道のりは険しい。

株式会社オーガニックソイルは、1人でも多くの消費者の心をつかもうと、視覚に訴えるPR戦略に打って出た。SNS、女性向け雑誌、テレビ番組などを通じた積極的な情報発信は、野菜の販売手法としては異例の攻めの姿勢に映る。

一般の消費者から公式アンバサダーを選出。約100人が日々SNSを通じて、パッケージ入りのオスミックトマトなどの写真に合わせ、おいしさをつぶやいている。今年8月からは、オンライン購入用のパッケージをリニューアルした。カラフルなボックスの中に真っ赤なトマトが映えるデザインで、SNSでの拡散効果も期待できそうだ。

オスミックトマトが実践する
「5つのPR戦略」

①広告
雑誌広告だけでなく、マタニティマークとタイアップして電車広告を掲出するなど、常にインパクトのある露出を仕掛けている。

②店頭
店頭でPR動画を再生して興味を喚起しつつ、試食販売の実施店舗を増やし、売り場で直接おいしさを伝えている。

③イベント
オスミックトマトを使った料理・試食イベントを実施。コンテストにも参加し、「野菜ソムリエサミット」では金賞をはじめ複数の賞を受賞。

④SNS
アンバサダーに商品を配布し、SNSでおいしさを広めてもらう取り組みを行っている。リアルなクチコミで、知名度を確実に上げている。

⑤メディア
積極的にメディアに対するPR活動を行い、TV番組、新聞、雑誌、WEBメディアにて継続的に取り上げられている。

おいしさを舌に直接訴えることも忘れない。有名レストランにオスミックトマトを持ち込み、シェフに試食を依頼。「こんなにおいしいトマトは久しぶり」という感嘆が、周囲のシェフに1人、2人と伝わり、人気が加速していく。取り引きのあるレストランは現在10店舗となった。今夜もどこかの店の自慢の一皿を甘美に彩っているだろう。

地道なPR戦略と食のプロの太鼓判に引きつけられたのは、一般の消費者だけではない。腕利きのバイヤーからの問い合わせが増えた結果、2016年3月にイオングループなどの大手スーパーマーケットでの取り扱いが決定。当初は約30店舗程だった取扱店舗も、現在では150店舗の売り場に並ぶようになり、今年8月には大田市場への卸売りが始まった。

ブランド力向上で膨らむニーズに応えるため、安定供給は必須だ。同社は今後も、新規の農業参入者に、独自の環境制御型ハウスを提供するフランチャイズ型農業に注力。一粒一粒、糖度を確認したオスミックトマトを全国に届ける。

オスミックトマトを愛する
プロたちの声

トマト本来の味が濃い!

千葉ワシントンホテル レストラン「ガスライト」
店長 兼 料理長

土屋堅一さん

レストラン「ガスライト」では、オスミックトマトを贅沢に使った「トマトリゾット」と、オスミックトマトのソースをかけた「パンナコッタのトマトソース掛け」を提供しています。本社のマーケティング担当の紹介でオスミックトマトを知ったのですが、他のトマトと比べ物にならないくらいの糖度に驚き、料理に使うことを決めました。

糖度が高いだけでなく、トマト本来の味が濃いのも特徴です。余分な調味料が必要ないくらい味がしっかりしているので、料理の塩分や糖分を控えることができるのです。本来の旨味を味わえる上に女性やビジネスマンにもお勧めのヘルシーな仕上がりになります。

糖度の高さが魅力

焼肉バル「ガブリエル」
オーナー

高木宏昌さん

昨年の6月、イオンで行っていた試食販売がオスミックトマトを知ったきっかけでした。実際に一口食べてみると、そのおいしさにびっくり! すぐにお取り寄せを決め、私が経営する焼肉店の料理にも使用することとなりました。以来、当店ではオスミックトマトをお客様に提供し続けています。その理由は、何と言ってもその糖度と味の濃さ。

現在当店では人気の「ガブリエル弁当」などの弁当にオスミックトマトを入れて提供していますが、濃い赤が弁当の彩りになるだけでなく、お客様からも「トマトが甘くておいしい!」と好評を頂いています。これからもたくさんのお客様に、私が試食で感じた驚きを味わっていただければと思います。

甘味・酸味・うまみのバランスが完璧

オスミックトマト スペシャルアンバサダー
野菜料理クリエイター

小野奈穂子さん

私の専門は菜食料理(ヴィーガン)です。動物性の食材を使わずいかに「コク」「うまみ」を出していくかという点を重視して全国各地の様々な食材を試していた中で、オスミックトマトに出会いました。味の良さに感動し、スペシャルアンバサダーとしてSNSでオススメしています。

オスミックトマトは、甘味・酸味・うまみのバランスが完璧。甘さ別・ランク別にトマトが選べるので、メニュー別に使い分けができるところも魅力的です。また一番ありがたいのが、味にブレのない高品質のトマトが四季を通じ手に入るということ。オスミックトマトを使えば味が決まりやすいので、料理初心者の方にも使いやすいと思います。プロと一般、両方の方に自信を持ってお勧めしたいトマトです。

問い合わせ

株式会社オーガニックソイル

TEL:03-5623-5444


photo: Danny Danks(ARROW PHOTOGRAPHY)
text: Madoka Nara

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 独自の取り組みでファンを呼び込む! 人気イチゴ観光農園の秘密とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【新企画】農家インフルエンサー募集!
  8. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  9. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル