生産者の取組み

カッコよすぎる「果樹農家用エプロン」新潟市の農園とコラボ開発

1月に開催された『markerhood MARKET』で、あるエプロンが注目を集めた。機能性とファッション性に優れたこのエプロンには、開発に携わった果樹農家の想いが込められている。

果樹農家とアパレルメーカーが
コラボエプロンを開発!

「モノづくりに携わる人々への共感とリスペクト」をテーマに、生活を豊かにするためのワークウエアを展開するレーベル『markerhood』。今年1月には、製造元である株式会社ジョンブルが主催となり、新潟市で販売イベント『markerhood MARKET』が開催された。そこで注目されたのが『ファーマーエプロン』だ。

『ファーマーエプロン』は、新潟県で300年続く果樹栽培農家「阿部農園」と、ジョンブルがコラボ制作した、”果樹農家のためのエプロン”。

農業の現場では、畑仕事、配達、販売など様々な工程がある。また、農園の規模が大きくなるほど作業時間は長くなるため、できるだけ仕事を効率的に進められるエプロンを身に着けたい。『ファーマーエプロン』は、そんな農家の気持ちに応えるために作られたのだ。



現場のアイデアが詰まった
こだわりの一着


ファーマーエプロンを着用し、袋掛けを行う阿部農園の阿部健太郎さん。

ミリタリーテイストの見た目が特徴的なこのエプロン。果実を病虫害から守るために行う「袋掛け」の作業がしやすいよう、大きめのポケットがフロントの高い位置についている。

ポケットをめくるとベルトループがあり、エプロンの上から作業ベルトを装着してもOKだ。ペンシルホルダーは雨よけカバーつきで、エプロンのサイドには手袋を収納するホルダーも備わっている。

また、長時間の作業を想定して、身体への負担が少ないよう肩ベルトには太めのテープが採用されている。薄手の生地で作られているため、夏でも快適なのが嬉しい。

毎日の農作業が
もっと快適に!

農作業はもちろん、アウトドアにもマッチするデザインで、家庭菜園やバーベキューなど、様々なシーンで活躍してくれそうだ。

『ファーマーエプロン』は現在、Johnbullのオンラインストアで購入可能。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

DATA

Johnbullオンラインストア

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  8. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル