注目キーワード

生産者の取組み

カッコよすぎる「果樹農家用エプロン」新潟市の農園とコラボ開発

1月に開催された『markerhood MARKET』で、あるエプロンが注目を集めた。機能性とファッション性に優れたこのエプロンには、開発に携わった果樹農家の想いが込められている。

果樹農家とアパレルメーカーが
コラボエプロンを開発!

「モノづくりに携わる人々への共感とリスペクト」をテーマに、生活を豊かにするためのワークウエアを展開するレーベル『markerhood』。今年1月には、製造元である株式会社ジョンブルが主催となり、新潟市で販売イベント『markerhood MARKET』が開催された。そこで注目されたのが『ファーマーエプロン』だ。

『ファーマーエプロン』は、新潟県で300年続く果樹栽培農家「阿部農園」と、ジョンブルがコラボ制作した、”果樹農家のためのエプロン”。

農業の現場では、畑仕事、配達、販売など様々な工程がある。また、農園の規模が大きくなるほど作業時間は長くなるため、できるだけ仕事を効率的に進められるエプロンを身に着けたい。『ファーマーエプロン』は、そんな農家の気持ちに応えるために作られたのだ。



現場のアイデアが詰まった
こだわりの一着


ファーマーエプロンを着用し、袋掛けを行う阿部農園の阿部健太郎さん。

ミリタリーテイストの見た目が特徴的なこのエプロン。果実を病虫害から守るために行う「袋掛け」の作業がしやすいよう、大きめのポケットがフロントの高い位置についている。

ポケットをめくるとベルトループがあり、エプロンの上から作業ベルトを装着してもOKだ。ペンシルホルダーは雨よけカバーつきで、エプロンのサイドには手袋を収納するホルダーも備わっている。

また、長時間の作業を想定して、身体への負担が少ないよう肩ベルトには太めのテープが採用されている。薄手の生地で作られているため、夏でも快適なのが嬉しい。

毎日の農作業が
もっと快適に!

農作業はもちろん、アウトドアにもマッチするデザインで、家庭菜園やバーベキューなど、様々なシーンで活躍してくれそうだ。

『ファーマーエプロン』は現在、Johnbullのオンラインストアで購入可能。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

DATA

Johnbullオンラインストア

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正