生産者の取組み

カッコよすぎる「果樹農家用エプロン」新潟市の農園とコラボ開発

1月に開催された『markerhood MARKET』で、あるエプロンが注目を集めた。機能性とファッション性に優れたこのエプロンには、開発に携わった果樹農家の想いが込められている。

果樹農家とアパレルメーカーが
コラボエプロンを開発!

「モノづくりに携わる人々への共感とリスペクト」をテーマに、生活を豊かにするためのワークウエアを展開するレーベル『markerhood』。今年1月には、製造元である株式会社ジョンブルが主催となり、新潟市で販売イベント『markerhood MARKET』が開催された。そこで注目されたのが『ファーマーエプロン』だ。

『ファーマーエプロン』は、新潟県で300年続く果樹栽培農家「阿部農園」と、ジョンブルがコラボ制作した、”果樹農家のためのエプロン”。

農業の現場では、畑仕事、配達、販売など様々な工程がある。また、農園の規模が大きくなるほど作業時間は長くなるため、できるだけ仕事を効率的に進められるエプロンを身に着けたい。『ファーマーエプロン』は、そんな農家の気持ちに応えるために作られたのだ。

現場のアイデアが詰まった
こだわりの一着


ファーマーエプロンを着用し、袋掛けを行う阿部農園の阿部健太郎さん。

ミリタリーテイストの見た目が特徴的なこのエプロン。果実を病虫害から守るために行う「袋掛け」の作業がしやすいよう、大きめのポケットがフロントの高い位置についている。

ポケットをめくるとベルトループがあり、エプロンの上から作業ベルトを装着してもOKだ。ペンシルホルダーは雨よけカバーつきで、エプロンのサイドには手袋を収納するホルダーも備わっている。

また、長時間の作業を想定して、身体への負担が少ないよう肩ベルトには太めのテープが採用されている。薄手の生地で作られているため、夏でも快適なのが嬉しい。

毎日の農作業が
もっと快適に!

農作業はもちろん、アウトドアにもマッチするデザインで、家庭菜園やバーベキューなど、様々なシーンで活躍してくれそうだ。

『ファーマーエプロン』は現在、Johnbullのオンラインストアで購入可能。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

DATA

Johnbullオンラインストア

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  5. 遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル