生産者の取組み

鳥獣から畑を守る高校生!? いま話題のマンガ『罠ガール』って?

わな猟免許を持つ高校生が、実家の畑を守るために野生動物たちと格闘する漫画『罠ガール』。”高校生猟師”という変わった設定がおもしろく、リアリティも感じられると、農家の間で話題だ。

作者は福岡の農家出身!
自らもわな猟の狩猟免許を持つ

月刊コミック誌「電撃マオウ」にて連載中の漫画『罠ガール』。獣害と対峙する主人公の描写がリアルだと話題だ。

<あらすじ>
とある田舎町で暮らす、高校生の朝比奈千代丸。実家は農業を営んでおり、畑を荒らす野生動物を捕獲するため、18歳にして「わな猟免許」を所持している。動物とのガチな知恵比べを展開する、千代丸のリアルな”わな猟”生活とは……?

『罠ガール』の作者・緑山のぶひろさんは、福岡県の農家出身。実家にUターンで戻り畑仕事を手伝う中で、多くの鳥獣害に悩まされたという。自身も狩猟免許を持っており、作品中でも常に客観的な立場から動物の生態を分析し、捕獲方法を真剣に考えるそうだ。

実体験をベースにしつつ、わからないことがあれば取材に出向くことも。作者のこだわりが詰まった『罠ガール』は、どのページもリアリティに富んでいる。

すぐに活かせる”わな猟技術”と
リアルな描写に引き込まれる!

主人公は高校生で、狩猟に関しての先入観が無く、あらゆる知識や技術をスポンジのように吸収していく。


『罠ガール』2巻より

 
狩猟というと、捕獲した先の「駆除」もやはり避けては通れない。『罠ガール』は、解体の様子も事細かに描かれているのが印象的だ。


『罠ガール』1巻より

 
基本的な狩猟知識の他にも、遠隔操作できる「大型わな」や、監視員による「群れ位置情報のメール」など、先駆的な事例も登場。漫画を読みながら最先端の技術を学ぶことができる。

さらに、動物によって仕掛ける罠の位置や、効果的な仕掛け方などが詳しく紹介されているため、実践のイメージもしやすいだろう。

『罠ガール』は現在、3巻まで発売中。楽しく読み進めながら、鳥獣対策に活かしてほしい。

DATA

KADOKAWA

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正