注目キーワード

生産者の取組み

“竹のチップ”で肥沃な土壌づくりを確立! 千葉県4Hクラブ前会長が語る農業とは

千葉県長南町の農家・金坂哲宏さんは、「金坂蓮魂」というユニークな名前のレンコンを生産・販売している。もちもちと柔らかい品種や、シャッキリとした歯ごたえが楽しい品種などを手がけ、やがて販路の拡大にも成功。しかし、そこにいたるまでの道のりは、平坦ではなかったようだ。

メイン画像:「ちばアグリネットワーク」の金坂哲宏さん

地域の放置竹林を活用した
肥沃な土壌づくり

金坂さんが保有する圃場は、千葉県長南町の山間部に位置する。圃場の形がいびつなうえ面積も十分に確保しづらいのが、地域の農業におけるデメリットの一つだという。就農した当初より、こうした難点に向き合ってきた金坂さんが編み出した方法は、竹のチップを土壌改良として活用することだった。この方法にたどり着くまでの経緯を、金坂さんはこう語る。
 
「父が急逝した直後、後を継ぐかたちで就農しました。その際、『身近にいるレンコン農家に栽培方法を教われば、おのずと、その方法を実践するかたちになるはず。父と仲の良い業界トップの農業者に追いつくためにも、どうにかして知識を補いたい』と考えました。その後、他の野菜農家に話を聞いたり、色々な文献を読んだりと、自分なりに努力をしたんです。
 
そんななか目に留まったのが、往年に山間部で活用されていた、落ち葉を竹チップに置き換え土壌改良として使う方法です。いろいろと試したすえ、竹のチップを活用する方法を確立しました。また、この栽培方法を続けるうち、チップの使用量にも適量があることがわかりました。現在は、慣行栽培が行われていた圃場の初期の土壌改善に利用し、以降は自然栽培へと移行させています。」
 
竹のチップをすき込むことで、微生物が増えて土壌が肥沃になり、優れた食味のレンコンが育つそう。しかも、化学肥料などに頼らない栽培を行っているため、「金坂蓮魂」は、いわゆるオーガニック野菜にあてはまるという。さらに注目したいのが、地域の放置竹林を活用している点だ。
 
「地域には放置されている竹林があり、その活用方法について議論がたびたび行われていたようです。“平野部と同じ資材を使っていれば、山間部は必ず負ける。山間部の近くにある資材を農業に活かせないか”と考えたのも、竹をレンコン栽培に活用するようになったきっかけです。ちなみにうちの圃場で使っている竹チップは、地域で林業に従事する方々に粉砕してもらったものです」
 


圃場に竹チップを撒く作業。過去には、周囲の人に“分解されないよ“と言われた事も

 


金坂さんが管理するレンコン畑。レンコンの花が美しく咲く時期もある



就農後に気がついた
意外な適性

「金坂蓮魂」というちょっと風変わりなネーミングには、意外なエピソードが隠されている。就農する前までさかのぼり、金坂さんがその由来を話してくれた。
 
「専門学校を卒業後、IT系の企業に就職しましたが、環境が合わず数年で退職しました。その後、働く気力がわかず、いわゆる“引きこもり”になってしまったんです」
 
ほとんど外出せず、ネットゲームに興じる日々が続いたある時、父親の急逝の知らせが届いたという。圃場もレンコンも、生前の父親が懸命に守ってきた財産だ。見捨てることができず、地元に戻って就農することを決めたと話す。
 
予期しないかたちでの就農となったが、日々農業に取り組むうち、これまで知ることのなかった自身の適性を知ったそう。
 
「意外なことに、自分は営業や渉外が好きだと知りました。ネットゲームをしていた時も、ゲーム内の仲間たちとスカイプなどで話しながら遊んでいたのですが、当時のネットゲーム仲間から『“引きこもり”だった頃から、人と話すのが好きだったよね』、『ゲームでも販売ランキング1位で、品物を売るのが得意だったね』と言われました(笑)。ちなみに『金坂蓮魂』という名前は、ネットゲーム仲間が考えてくれた名前です」
 


もちもちのレンコンは、揚げるとホクホクとした食感に

 
また、4Hクラブに所属したのをきっかけに、さまざまな農家とコミュニケーションをとるように。やがて、農家には、現場での作業が好きなタイプ、営業が好きなタイプ、経営者タイプなど、さまざまなタイプがいることを知ったという。
 
「ひとくちに“農家”といっても、それぞれに個性があり、話してみるととても面白い人もいます。ぜひ、4Hクラブに所属しているメンバーにも、コミュニケーションを楽しんでもらいたいですね。コミュニケーションのきっかけになればと、4Hクラブのメンバーの活動内容などをまとめた冊子を作っているところです」
 

PROFILE

金坂哲宏さん

1983年千葉県生まれ。情報系の専門学校を卒業後、一般企業に勤務。2010年に就農して以降は、レンコンの生産・販売を手がける。2018年より「ちばアグリネットワーク」の会長を務め、2020年6月に退任。

※記事中の情報は取材時のものです。

DATA

4Hクラブ(農業青年クラブ)


取材・文:緒方佳子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  3. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  7. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. 手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは...
  10. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正