注目キーワード

生産者の取組み

トマトだけじゃない! 誠和によるナス・パプリカ・キュウリのオンラインセミナー開催

トマトの国内最大級の収穫量を誇る誠和が、イチゴ、キュウリ、パプリカなどへも挑戦している。その栽培ノウハウをオンラインセミナーで公開するという。『GPEC in 愛知』に参加できなくともオンラインで学べる好機会だ。

オンラインで
栽培セミナー!

2021年7月、施設園芸業界にとっての最大イベントである植物工場・施設園芸展(GPEC)が愛知県にて開催される。コロナ禍においても施設園芸業界を盛り上げようとする企業による見本市であり、非常に注目度は高い。

>>植物工場・施設園芸展(GPEC)in 愛知とは?

しかしコロナ禍において感染リスクを気にして、行きたくても行けない生産者も多いはず。そんな生産者や業界関係者にも有益な情報を届けるべく、GPEC開催期間中に誠和がオンラインセミナーを行う。

誠和は収穫量では国内最大級の66t/10aの実績を持っており、「トマトの誠和」と思う方も多いが、トマト以外の作物での高収穫量栽培技術の確立のために、2018年に試験農場「リサーチパーク鶴」を建設し、イチゴ、キュウリ、パプリカなどの栽培を始めた

2020年からはタキイ種苗と一緒にナス栽培にも取り組んでおり、これまでの栽培実績は、イチゴで10t/10a、キュウリで51t/10a、パプリカで30t/10a、ナスで30t/10a(今作予定)と全ての作物で高い実績を出しており、「トマトの誠和」から「野菜の誠和」へと進化をしようとしている。



誠和の強みは、自社で栽培し、栽培した過程をセミナーで具体的に説明できる技術やノウハウがあることだ。少しでも多くの生産者に役立つために、トマトではない作物の情報提供も行っていくようだ。

GPEC開催期間中は、7月14日(水)にナスとパプリカ、15日(木)にキュウリについて、実際の高収量栽培を行ったデータや設備などについて紹介するとのこと。このセミナーはオンラインで開催し、GPECの誠和ブース内でも視聴が可能であり、自宅やそれぞれの場所から視聴が可能。オンラインだからこその手法だ。GPECに行けない方はこちらのセミナーを視聴するのもおすすめしたい。

誠和のナス・パプリカ・キュウリセミナー
7月14日(水)・15日(木)開催!


セミナーの内容:
誠和研究農場 「リサーチパーク鶴」の成果について

●ナスセミナー:誠和 × タキイ種苗(ナス栽培の取り組み)/今年度の試験内容と成果
●パプリカセミナー:夏越し栽培への取り組み/昨年度の試験内容と成果
●キュウリセミナー:キュウリで養液栽培 × ハイワイヤー栽培/昨年度の試験内容と成果


日 時:
●2021年7月14日(水) 
【ナスセミナー】   14:00~15:00
【パプリカセミナー】 15:00~16:00

●2021年7月15日(木) 
【キュウリセミナー】  14:00~15:00

場 所:Zoom(オンライン)/GPEC会場(愛知国際展示場 誠和ブース)にて配信

対 象:生産者、販売店、指導員、他関係者様
定 員:先着500名/各日
費 用:無料
※お申し込みは7月7日(水)までです。

問い合わせ

株式会社誠和
営業部 営業企画課 
TEL:0285-44-1751 
FAX:0285-40-8976
 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正