生産者の取組み

世界中で続々! オンラインを活用したアグリツーリズム

食と農を体感できるアグリツーリズムは、消費者と農家、そして地域の“三方よし”を実現する観光形態として注目され、各国で市場が拡大しつつある。

各国でオンラインプラットフォームが充実

アグリツーリズムとは、アグリカルチャー(農業)とツーリズム(観光)との造語で、ファームステイ(農場体験)や農家民宿、味覚狩り、農家レストラン、農産物直売所など、都市居住者たちが農場や農村で余暇を過ごすための様々な施設やサービスを指す。

近年、自然とのふれあいを求めるアウトドア派のニーズが多様に増え、若者を中心に、モノよりも体験にお金を使いたがる”体験消費”へと消費傾向がシフトし、食の安全性や透明性への意識の高まりから食や農業に関心を持つ消費者が多くなるにつれて、アグリツーリズム市場も徐々に成長してきた。米農務省によると、2007年から2012年までの間に、米国でアグリツーリズムにたずさわる農家は10,249軒から13,334軒に増え、収益規模も5億4,600万ドル(約568億円)から6億7,400万ドル(約701億円)へと、23.4%拡大している。

とりわけ、オンラインプラットフォームは、アグリツーリズムに関心のある観光客と地方の農家とを効率的につなぐ役割を担ってきた。米国のアグリツーリズム情報を集約した『アグリツーリズム・ワールド』やイタリアの『アグリツーリズモ.it』、オーストリアの『ファーム・ホリデイズ』など、アグリツーリズムに特化した情報サイトが世界各国で開設されている。

agritourism2

<イタリアのアグリツーリズム情報を集約した『アグリツーリズモ.it』>

また、空き部屋の貸手と借手をマッチングさせるウェブサイト『Airbnb』に代表されるように、個人の遊休資産を個人間で融通し合う”シェアリング・エコノミー(共有経済)”のコンセプトを、アグリツーリズムの分野に応用したオンラインプラットフォームが、『ファームケーション』だ。地方の農家や食品加工メーカー、職人らがベリー摘みやジャムづくりワークショップなどの体験型イベントを投稿し、一般の観光客は、これらの情報をオンラインで検索したり、予約したりできる仕組みとなっている。

agritourism1

<アグリツーリズム版Airbnbとして注目される『ファームケーション』>

 

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正