注目キーワード

最新技術

話題のアグリネット導入……効果は?

ノウハウを仲間と
共有できるようになった!

ハウス内環境を数値化することで指標ができ、生産グループのメンバーと共通言語を使って改善策を話し合うことが可能となった。仲間との精度の高い情報交換により生産性の向上を図れる。

★グループ内で共有できるオプション機能も!

アグリネットにはグループ内での情報共有や生産管理に便利な機能も。部会等のイベント情報のお知らせ機能や、農薬散布記録簿、生産マニュアル表示など、様々な機能を組み合わせることで円滑なコミュニケーションツールの手助けに。

<「ブリックスナイン」は引き締まったしっかりとした果肉の食感が特徴で、噛むほどに濃厚な甘みと旨味が楽しめる。真っ赤に色付いたハリのある皮と、お尻にある6方向に広がる白い筋状の「星」が甘さのしるし。関東の各スーパー・量販店、青果店などで販売されている。>

 

自宅でもハウス状況が
確認できるようになった!

アグリネットを導入したことで、ハウス内温度を自宅で確認できるようになった。以前は夜間に巡回しチェックを行うことがあったが、いまはトラブル発生時の警報メール機能があるため、ぐっすりと眠れるようになったとのこと。

スマートフォンやパソコンで、1日のハウス内環境変化(温度・湿度・照度・CO2 濃度)の流れを数値・グラフ表示によって把握できる。

<「アグリネット」のしくみ>

 


ネポン株式会社
〒243-0215 神奈川県厚木市上古沢411 TEL:1046-247-3269
ネポン株式会社HP


Photo&Text: Tomoko Kotaka

※『AGRI JOURNAL vol.3』より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?...
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2021/6/30まで!

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正