再エネ・最新技術

作物の状態がひと目でわかる! 「生育スケルトン」

今や営農管理に欠かせなくなっている農業ICTツール。生育状況の視覚化により、作業負担の軽減やロジカルに生産管理を行えるメリットはあるが、データを使いこなせるか不安に思う人もいるだろう。そこで紹介したいのがこのツールだ。細かな数値を見なくても、作物の状態がすぐにわかる秘密とは?

農業ICTツール、
導入は少々ハードルが高い?

農家にとって、生育管理は最も重要な仕事のひとつだ。ちょっとした変化を見逃さないためにも、作物を観察する時間は毎日欠かせない。

最近は、こういった作業負担を減らすため、AIやIoTを使って農作物の生育管理ができるツールが増えてきている。しかし、きちんと活用するには、データ化された様々な数値と向き合う必要があるため、少々ハードルが高いと感じる人もいるだろう。

そこでオススメしたいのが、「生育スケルトン」だ。

「インフォグラフィック」で
作物の生育をより直観的にデザイン

「生育スケルトン」とは、定期的に作物の生育状況をテープメジャーなどで測り、記録していくツールだ。2018年7月現在、トマト、ミニトマト、キュウリ、ナス、ピーマンなどに対応している。

このサービス最大の特長は、生育状況をインフォグラフィック(情報を視覚的に表現したもの)で簡単に確認できることだ。

例えば、給水量が異なる2区における生育の違いを見てみよう。一般的なツールであれば、下表のように数値化されたデータをひとつずつ読み解いていく必要がある。

(画像はすべて「生育スケルトン」Webサイトより引用)


一方、「生育スケルトン」を使った場合の表示はこうだ。下の図はトマトの茎を横から見た絵のように表したもので、縦棒は「茎」(黄色部分は茎の伸長量)、横棒は「葉」として見る。

少量給水区は対象区と比べ、茎が細く、伸長量が短い。さらに、葉の枚数が多くなっているのが見て取れる。このように、パッと見ただけで誰でもすぐに作物の状態や変化がわかるのが「生育スケルトン」だ。

成長の記録がわかりやすく図式化されたことで、後の振り返りが楽になるだけでなく、世界中で計測されたデータも参照でき、研究にも利用可能だ。また、レポートや生育ステージに応じた情報も受け取ることができる。

「生育スケルトン」のWebインターフェイスには、チャット機能も完備。ある上場企業では、出資先である大規模植物工場の生産管理指導において「生育スケルトン」を活用している事例もある。

利用価格は、1区画(8サンプルの計測)で月あたり2,000円から。作物の生育管理に悩んでいたり、なかなかツールに手を出せずにいる人は、ぜひ導入を検討してみてはいかがだろうか。

DATA

PLANT DATA株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル