再エネ・最新技術

農業IoTで栽培技術や知見を効率良く共有する

地球温暖化による気候変動や、市場の急速な変化への対応……高齢化が進む日本の農業において、栽培技術や環境・風土に関する知見を効率よく共有できる仕組みは、もはや不可欠といっていい。そんな課題を解決してくれるのが、この「e-kakashi」だ。

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)は、農業の世界でも真新しい単語ではなくなりつつあるが、ソフトバンクグループのPSソリューションズが発表している「e-kakashi(いいかかし)」は、そんなIoTを使った新しい農業ソリューションを提供している。

特長は、カンタンで、手軽で、何より面白いこと。センサーノード(子機)とゲートウェイ(親機)を圃場にセットしてしまえば、クラウドを介してPCやタブレット、スマホなどからいつでも栽培に必要なデータを見ることができるうえ、栽培管理技術やノウハウを集約して〝レシピ化〞できてしまう。センサーで集めた計測データだけでなく、経験や勘といった栽培技術もデータ化して融合することで、圃場に合った、いわば栽培の〝正解〞がわかるというワケだ。

発売は昨年2015年10月とまだ日は浅いが、販売に先立って行った全国15拠点50台によるモニタリングでは、いずれも使用した自治体、JAなどから是非継続して使いたいとの要望を貰っているとか。

今後は、「地域の生産安定化や産地ブランド化などを目指す農業団体をメインに、アピールを続けて行きます」(担当者)とのこと。

スマホやタブレットで圃場のデータをチェックしながら、仲間と「栽培レシピ」自慢で盛り上がる……そんな農家の日常は、もう始まっているのだ。

EJ_IOT20160623_02

EJ_IOT20160623_03

屋外の圃場はもちろん、施設内の設置もOK。あらゆる栽培現場に対応可能。


PSソリューションズ株式会社
〒105-7104 東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター4F
TEL:03-6274-6099 www.e-kakashi.com

関連記事

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  8. 暑さに負けないトマトを作るには? ハウス栽培は「白色資材」に注目!
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル