注目キーワード

最新技術

ハウスの冷暖房費を1/3に減!高性能ヒートポンプ

直進性の高い大風量で
ハウス内をムラなく適温に

最初に伊早坂さんがメリットとして挙げたのは、『ぐっぴーバズーカ』の性能だ。過酷な富岡市の夏でも、800坪のハウスを常に適温に保ってくれるという。


<品質を保つためには最適な温度管理が欠かせない。>

「直進性の高い風が大量に出ますから、ハウス内の温度ムラが少ないのも良いですね。広範囲をしっかりカバーしてくれます。経営者としては、コストダウンも見過ごせません。200坪と400坪のハウスも様々な機器をアップデートしていますが、1400坪となった今の電気代が、600坪で運営していた頃と同程度なんです。これは絶対的な強みと言えますね」(伊早坂さん)。


[暖房のコスト試算]
(A重油価格が1L80円の場合のコスト換算。重油1Lの暖房能力は、約9.16kWに相当。)


マルイ洋蘭開発センターは、市場が欲するサイズ、色の胡蝶蘭を提供するのみならず、その輪数の多さも高く評価されている。これは最適な温度管理が徹底されている証だ。直進性の高い風が出るから、ダクトが不要だというのもメリットだという。ハウス内空間を有効利用できるうえ、ハウス内を清潔に保つことにも貢献している。実際に訪れた同社のハウスは、植物園もかくや、というほどスッキリとしていた。

大規模ハウスに最適な直進性の高い風でコストダウンを実現する「ぐっぴーバズーカ」。導入を検討するに値する製品と言えよう。

 


▼農業用ハウスの空調のご相談なら
株式会社イーズ

TEL:0120-838722


取材協力:マルイ洋蘭開発センター

群馬県富岡市で1400坪のハウスで30品種もの胡蝶蘭を育てている、国内随一の胡蝶蘭スペシャリスト。通年を通して快適な冷暖房が利いたハウスで働くパートさんを募集中だ。パート応募はTEL:0274-67-0828まで。


photo: Daisuke Tsuzuki text: Reggy Kawashima

『AGRI JOURNAL vol.4』より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?...
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2021/6/30まで!

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正