再エネ・最新技術

人口減が進む秋田、水田でソーラーシェアリング始動

全国でも珍しい、水田でのソーラーシェアリングが秋田県内でスタート。研究者、パネルメーカー、施工会社の3者のスペシャリストがアイディアと技術を注ぎ込み、これまでにない画期的なソーラーシェアリングが完成した。

日本の稲作が変わる!?
秋田発の新しいシェアリング

今年5月、日本屈指の米どころである秋田県において、水田とソーラーシェアリングを組み合わせた実証実験がスタートした。企画・運営を手掛けるのは、秋田のソーラーパネルメーカー、株式会社アイセスである。代表取締役の齊藤健悦さんは、こう話す。

「人口減少、少子高齢化など、全国でも秋田県は、ネガティブな意味で10年進んでいるといわれています。我々の専門である太陽光を使って地元を活性化できないか、と辿り着いたのがソーラーシェアリング。やるからには、県内農地の9割を占める水田でやろう、と。」

水田でのソーラーシェアリングは全国でも極端に事例が少ない。実施にあたっては、ソーラーシェアリング研究の第一人者である「千葉エコ・エネルギー株式会社」の馬上丈司さん、太陽光発電の施工実績に優れた「株式会社ビル技研」の佐用功貴さんと共に知恵を絞り、試行錯誤を重ねたという。

例えば、通電効率性を考慮したパネル配置。研究者である馬上さんの意見を踏まえ、効率性の高い配置図面を作成。電損率を抑えた画期的な配置を実現したという。

あらたに開発されたソーラーシェアリング専用パネル

 

革新的なアイディアと技術を
惜しみなく投入

ソーラーシェアリング専用のアルミ製架台も独自に……

 

 


EARTH JOURNAL VOL.05より転載

施設園芸・植物工場展 2018 (GPEC)

関連記事

アクセスランキング

  1. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  2. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. 話題の「スーツに見える作業着」を農家が初導入!
  6. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. パワフルなバッテリー式刈払機。その実力は?
  10. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
農業×IT OPTiMが描く、スマート農業。 株式会社キャムズ|動物防止柵や太陽光発電所フェンス等の販売 営農支援サービス 天晴れ|国際航業株式会社     あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル