再エネ・最新技術

栽培した野菜は機内食に!? ドバイの空港で「垂直農場」を建設中!

世界で太陽光エネルギーの農業利用が広がっている。そんな中、アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とするエミレーツ航空は、なんと空港近くに大規模垂直農場を建設中だ。

世界最大級の垂直農場
ドバイの空港で建設中

アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とするエミレーツ航空は、米国の垂直農場専門企業「クロップ・ワン」との提携のもと、4000万ドル(約45億円)を投資し、ドバイのアール・マクトゥーム国際空港の近くに13万平方フィート(約1万2090平方メートル)の大規模垂直農場を建設中だ。必要な電力の一部を太陽光発電でまかない、水耕栽培により農薬や除草剤を使わず1日あたり2700キログラム相当の葉物野菜を年中安定的に収穫する。

これらの農作物は2019年12月以降、エミレーツ航空の機内食などの食材に利用される見込みだ。


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号、4/15(月)発行!
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”
  8. 普段使いもOK! この春、農家が着たい「きれいめセットアップ」
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル