再エネ・最新技術

ロボットの群れが自動で条播き!? 最新システムとは

農業機械の分野で初めて、複数の小型ロボットを応用するシステム「MARS」。軽量で昼夜も問わず稼働することができるというロボットを紹介しよう。

ロボットの群れが条播きする
トウモロコシ用自動システム

アメリカの「MARS」は、小型ロボットの群れによってトウモロコシの条播きを自動化するシステム。アリやハチなどの社会性昆虫の性質を模倣し、複数のロボットが協調してタスクを遂行する“スワームロボットシステム”を採用しているのが特徴だ。


この自律操舵型ロボットを6台から12台集めることで1時間あたり1ヘクタールの畑をカバーできる。また、このロボットは、50キロほどの軽量ゆえ、踏圧による土壌圧縮を軽減でき、騒音レベルが低いため、人家と隣接した畑でも昼夜を問わず稼働させることができるのも利点だ。複数の小型ロボットによる恊働モデルを農業機械の分野に応用した、初めての試みとして注目されている。

MARS


text>>Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
  2. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル