再エネ・最新技術

パプリカの熟度を判断して自動収穫!? オランダで収穫ロボットの開発が進む

オランダでパプリカ自動収穫ロボット「スウィーパー」の開発が行われている。注目すべき驚きの最新機能とは?

世界初!
画期的なパプリカ収穫ロボット

「スウィーパー」は、オランダのワーヘニンゲン大学らの研究チームが開発している世界初のパプリカ収穫ロボットだ。温室を自律走行しながら、ロボットアームに内蔵されたカメラでパプリカの実を検知し、その色から熟度を評価したうえで、実を傷つけることなくグリッパーで摘み、収穫コンテナに移動させる仕組み。LEDフラッシュライトが装着されているため、昼夜問わず作業できるのも利点だ。


©Wageningen University & Research

現時点での試作機ではパプリカの実を1つ収穫するのに24秒かかり、その精度は62%だが、今後の改良によって収穫スピードを15秒に短縮できる見込み。研究チームは5年以内の実用化を目標に「スウィーパー」のさらなる開発をすすめている。



TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 独自の取り組みでファンを呼び込む! 人気イチゴ観光農園の秘密とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 【新企画】農家インフルエンサー募集!
  8. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  9. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル