注目キーワード

最新技術

パプリカの熟度を判断して自動収穫!? オランダで収穫ロボットの開発が進む

オランダでパプリカ自動収穫ロボット「スウィーパー」の開発が行われている。注目すべき驚きの最新機能とは?

世界初!
画期的なパプリカ収穫ロボット

「スウィーパー」は、オランダのワーヘニンゲン大学らの研究チームが開発している世界初のパプリカ収穫ロボットだ。温室を自律走行しながら、ロボットアームに内蔵されたカメラでパプリカの実を検知し、その色から熟度を評価したうえで、実を傷つけることなくグリッパーで摘み、収穫コンテナに移動させる仕組み。LEDフラッシュライトが装着されているため、昼夜問わず作業できるのも利点だ。


©Wageningen University & Research

現時点での試作機ではパプリカの実を1つ収穫するのに24秒かかり、その精度は62%だが、今後の改良によって収穫スピードを15秒に短縮できる見込み。研究チームは5年以内の実用化を目標に「スウィーパー」のさらなる開発をすすめている。



TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正