再エネ・最新技術

キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中

現在、アメリカではキイチゴ類の受粉を自動化できるロボットを開発中だ。コンピューター制御により花の状態を検知し、受粉期が来た花のみロボットが受粉作業を行ってくれるという。

アイキャッチ:©Yu Gu, WVU Interactive Robotics Laboratory

花の状態を見分けて
ロボットが自動的に受粉!

米ウエストバージニア大学の研究チームは、ミツバチなどによる自然受粉を模倣し、ブラックベリーをはじめとするキイチゴ類の人工受粉を自動化するロボットの開発に取り組んでいる。

©Yu Gu, WVU Interactive Robotics Laboratory

惑星や衛星で使われる既存の探査車にロボットアームを装着したこのロボットは温室を自律走行。

画像データを使ってロボットの機能を制御する”コンピュータビジョンアルゴリズム”を活用することで、花の位置や方向、大きさ、状態を自動で検知し、受粉期が到来したものだけ、ロボットアームの先端にあるブラシで受粉作業を行う仕組みだ。

実用化されれば、従来、人手に依存してきた受粉作業の一部を自動化でき、農業効率化にも寄与すると期待が寄せられている。

DATA

Yu Gu, WVU Interactive Robotics


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル