再エネ・最新技術

イチゴの収穫量をAIで予測! キヤノンITSが新プラットフォーム開発

キヤノンITソリューションズが、新しいAIプラットフォーム「LaiGHT」を開発した。AIエンジニアの一連の作業を効率化するためのさまざまな機能を搭載。スマート農業ソリューションの開発プロジェクトにも活用されている。

AIエンジニアの作業を効率化
農業プロジェクトにも活用

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)が、AIプラットフォーム「LaiGHT(ライト)」を新開発した。

LaiGHTは、学習データ管理、計算リソース管理、学習結果視覚化などの機能を備えており、AIエンジニアの一連の作業を効率化できる。名前の由来は、LIGHT(明かり)+AIで、「AIで世界を明るくするためのシステム」という意味が込められている。

現在、このLaiGHTをプラットフォームとし、九州大学大学院農学研究院 岡安崇史准教授と連携して、キヤノンのネットワークカメラを活用した新たなスマート農業ソリューションの開発プロジェクトが進行中だ。LaiGHTは、「カメラの映像からイチゴの生育状況を数値化するAI」や、「生育状況と温度・湿度などの環境データからイチゴの収穫量を予測するAI」の開発などに活用されているという。

キヤノンITSは、このLaiGHTを中核として、さまざまなAIを柔軟かつ安価に開発できるように環境を整備していくという。


AIプラットフォーム「LaiGHT」を活用したソリューション(出典:キヤノンITS)

 

DATA

キヤノンITソリューションズ株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  9. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル