再エネ・最新技術

イチゴの収穫量をAIで予測! キヤノンITSが新プラットフォーム開発

キヤノンITソリューションズが、新しいAIプラットフォーム「LaiGHT」を開発した。AIエンジニアの一連の作業を効率化するためのさまざまな機能を搭載。スマート農業ソリューションの開発プロジェクトにも活用されている。

AIエンジニアの作業を効率化
農業プロジェクトにも活用

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)が、AIプラットフォーム「LaiGHT(ライト)」を新開発した。

LaiGHTは、学習データ管理、計算リソース管理、学習結果視覚化などの機能を備えており、AIエンジニアの一連の作業を効率化できる。名前の由来は、LIGHT(明かり)+AIで、「AIで世界を明るくするためのシステム」という意味が込められている。

現在、このLaiGHTをプラットフォームとし、九州大学大学院農学研究院 岡安崇史准教授と連携して、キヤノンのネットワークカメラを活用した新たなスマート農業ソリューションの開発プロジェクトが進行中だ。LaiGHTは、「カメラの映像からイチゴの生育状況を数値化するAI」や、「生育状況と温度・湿度などの環境データからイチゴの収穫量を予測するAI」の開発などに活用されているという。

キヤノンITSは、このLaiGHTを中核として、さまざまなAIを柔軟かつ安価に開発できるように環境を整備していくという。


AIプラットフォーム「LaiGHT」を活用したソリューション(出典:キヤノンITS)

 

DATA

キヤノンITソリューションズ株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. “置くだけ”でシカやイノシシが寄ってこない!? 作物を獣害から守る方法
  2. 軽トラ=白は古い!? カッコ良すぎるカラフルな最新軽トラ3選
  3. 若手農家集結! 全国青年農業者会議が2/26-27に開催
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 弱い農家が淘汰された「強い農業」は暴論か? 賢い消費者が地域を支える
  6. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  7. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  8. 農業先進国のノウハウを身につけられる海外農業研修「アグトレ」とは?
  9. ハウス環境を一括制御! 今年導入したい『統合環境制御盤』とは?
  10. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
第65回JA全国青年大会 あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル