注目キーワード

最新技術

イチゴの収穫量をAIで予測! キヤノンITSが新プラットフォーム開発

キヤノンITソリューションズが、新しいAIプラットフォーム「LaiGHT」を開発した。AIエンジニアの一連の作業を効率化するためのさまざまな機能を搭載。スマート農業ソリューションの開発プロジェクトにも活用されている。

AIエンジニアの作業を効率化
農業プロジェクトにも活用

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)が、AIプラットフォーム「LaiGHT(ライト)」を新開発した。

LaiGHTは、学習データ管理、計算リソース管理、学習結果視覚化などの機能を備えており、AIエンジニアの一連の作業を効率化できる。名前の由来は、LIGHT(明かり)+AIで、「AIで世界を明るくするためのシステム」という意味が込められている。



現在、このLaiGHTをプラットフォームとし、九州大学大学院農学研究院 岡安崇史准教授と連携して、キヤノンのネットワークカメラを活用した新たなスマート農業ソリューションの開発プロジェクトが進行中だ。LaiGHTは、「カメラの映像からイチゴの生育状況を数値化するAI」や、「生育状況と温度・湿度などの環境データからイチゴの収穫量を予測するAI」の開発などに活用されているという。

キヤノンITSは、このLaiGHTを中核として、さまざまなAIを柔軟かつ安価に開発できるように環境を整備していくという。


AIプラットフォーム「LaiGHT」を活用したソリューション(出典:キヤノンITS)

 

DATA

キヤノンITソリューションズ株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正