再エネ・最新技術

農業界注目の4社がイベント共催! 無料で使える「会計」の極意を伝授!

代官山ワークス、オーレンス税務事務所、TrexEdge、freeeという農業界で注目を集めている4社が、共同で農業イベントを開催。無料から使えるアプリなどを活用した、農業の現場で役立つ便利な「会計」の方法を公開した。

実際の生産者も多数登壇
現場で使える情報を公開

11月9日、注目の農業関連企業4社が共同で、「農業 Meetup@五反田 ~わかりやすい農業の販売・流通・事務~」と題したイベントを開催した。

主催したのは、代官山ワークス、オーレンス税務事務所、TrexEdge、freeeの4社で、イベントは東京・五反田のfreee本社で行われた。50名以上の農業関係者が参加し、会場は熱気に包まれた。


多くの参加者が会場に足を運んだ

最初に登壇したのは、TrexEdgeの斎藤 脩平 氏。栽培記録と販売管理が行える農業経営支援アプリ「Agrion」の基本的な使い方を説明した。


TrexEdgeの斎藤 脩平 氏

続いて、そのAgrionの具体的な活用術について、静岡県のお茶農家・かわばた園の佐藤 寛之 氏が、自身の経験をもとに発表。Agrionを導入することで、これまで見えてこなかった問題を発見できたり、その対応策の効果を確認できているという。また、会計にはクラウド会計ソフトfreeeを活用しており、なるべくクレジットカードや銀行決済を利用して現金決済を減らすことで、手入力の手間を軽減する方法などを紹介した。


かわばた園の佐藤 寛之 氏

農業経営者を主な顧客とする税務事務所、オーレンス総合経営/税理士法人オーレンス税務事務所からは、宮崎 智也 氏と、仲谷 光里 氏が駆け付け、決算書を農業に活かす方法や、農業における軽減税率の概要について解説。消費増税に伴う軽減税率制度のよくある質問を例に挙げて、「消費税10%で仕入れたものを育てて、軽減税率8%で販売する場合、損をするのではないかという質問を受けることがある。消費税は、消費者(購入者)が負担して、販売した事業者(農業経営体)が納付するもの。事業者が販売した農作物の消費税を負担する訳ではないため、損も得もない」などと説明した。


オーレンス税務事務所の仲谷 光里 氏(左)と、宮崎 智也 氏(右)

代官山ワークスの丸山 孝明 氏が進行役となり、Hirayama Rice Farmingの平山 翔太 氏と、阿部梨園の佐川 友彦 氏が壇上に上がって、パネルディスカッションが行われた。販路や、バックオフィスの課題、将来のビジョン、利益率の高い直販比率をアップする方法などについて語った。


代官山ワークスの丸山 孝明 氏


Hirayama Rice Farmingの平山 翔太 氏(左)と、阿部梨園の佐川 友彦 氏(右)

freeeの森 成徳 氏は、クラウド会計ソフトfreeeの概要を紹介。冒頭に説明されたAgrionとの連携や、農業所得の確定申告もfreeeで行えるようになるなど、よりユーザビリティーを向上していることをアピールした。


freeeの森 成徳 氏

最後に、パネルディスカッションに引き続き、佐川氏がマイクを握って、freeeの使い勝手を述べた。経理にfreeeのさまざまな機能をフル活用することで、従来の1/5~1/6に時間を短縮できているという。


阿部梨園の佐川 友彦 氏

イベント終了後は、そのまま同じ会場で、交流会を実施。多くの参加者が名刺交換などを行い、さまざまな情報を共有・交換した。また、イベント内で説明されたアプリのAgrionやfreeeを実際に体験できるコーナーもあり、賑わいを見せていた。


アプリの体験コーナーも盛況だった

DATA

会計ソフト freee (フリー)

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号、7/16(火)発行!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. AIがデータを収集して解析!? イギリス農業はここまで進化していた
  7. コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル