注目キーワード

最新技術

ドローン画像で葉色解析! 『いろは』が新料金プラン&高度解析に対応

葉色の診断・管理をクラウド上で簡単に行える注目のサービス『いろは』。4月8日よりリニューアルを行い、画像診断が初めての人もトライしやすい「新料金プラン」のほか、今までよりも「高度な解析オプション」に対応するという。

生育管理の負担を軽減!
ドローンを活用したサービス
『いろは』とは?

『いろは』とは、ドローンや衛星画像を活用したサービスを提供する株式会社スカイマティクスが開発した、葉色解析クラウドサービスだ。

ドローンで撮影した画像が『いろは』にアップロードされることで、農地内の位置に合わせて自動的に配置・記録してくれる。


『いろは』内の画像管理画面

 

また、クラウドサービス上にある「生育診断機能」を利用すれば、作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況を画像ごとに記録することも可能。

農作業の中でも特に労力のかかる「葉色確認」「生育管理」の負担をグッと減らしてくれる、注目のサービスだ。



新料金プラン登場&
解析がより高度に進化!

そんな人気のサービス『いろは』が、4月8日にリニューアルを実施! 変更となるのは、以下の2つだ。

お試しに便利な新プランが登場!

「ドローンを持っているが年中撮影するわけではない」「ドローンで撮った農地の画像を、試しに解析してみたい!」という農家が、もっと気軽に利用できる新料金プランが登場。

これまでの年間定額プラン(180,000円/年)に加え、必要な時に都度課金することで解析オプションが利用できる「従量課金プラン(12,000円/年)」を開始する。

●新たな料金プラン

年間費用は従来プランの1/10以下、必要に応じてお金を払えば良いので、「ちょっとだけ試してみたい」という人でもローリスクで利用できるのが嬉しい。

解析がより高度に! 収穫計算も可能

解析オプションでは、オルソモザイク(歪みを補正した上で複数の画像を一枚に集約したデータ)やDSM(標高差を見える化したデータ)生成の他に、画像処理・AI解析技術を用いた「雑草解析」や、葉物野菜の「生育診断」「収量計算」などにも対応。


解析事例『キャベツの生育管理』

 

従量課金プラン加入の場合も、「解析オプション」を追加契約することで、これらの高度解析が利用可能だ。

無料トライアル実施中!
ドローンはレンタルも可能

『いろは』は現在、最大1ヶ月間の「無料トライアル」を体験できる。市販ドローンにも対応しているため、画像に位置情報を付与する機能を持ったドローンを使用している人なら、すぐにサービスが利用可能だ。

ドローンを持っていない場合はレンタルもできるので(価格は要問い合わせ)、この機会にぜひ、無料トライアルを体験してみてはいかがだろうか。



<葉色解析クラウドサービス『いろは』概要>
サービス名:いろは
新サービス開始日:2019年4月8日
対象ドローン:SkymatiX製 専用ドローン、DJI製 Inspire2、Phantom、Mavic他
対象デバイス:パソコン
対象ブラウザ:Google Chrome / Microsoft Edge
解析オプション:ホームページを参照

問い合わせ

株式会社スカイマティクス
TEL:03-6262-6360
メールアドレス:info@skymatix.co.jp


関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...
  8. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正