注目キーワード

最新技術

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

農家の働き方を改善してくれる、今年注目のAIシステム&ロボットをご紹介! 最新技術を活用すれば、農業の未来が大きく変わりそうだ。

全自動野菜収穫ロボット

設定通りに圃場を移動し、収穫適期の野菜のみを自動で判断して収穫するロボット。きゅうり、アスパラガスに対応。2020年にピーマン、トマト、ナスにも対応予定。病害判定等を行える拡張機能も。初夏リリース予定 ※ロボットが収獲した収穫高に対して15%マージンの従量課金型モデル

問/inaho株式会社
TEL:0467-37-5279



AI潅水施肥システム
ゼロアグリ

クラウドに実装された栽培アルゴリズムで、潅水・施肥を自動化。潅水施肥にかかる工数の9割を削減できる。本体価格120万円~ ※オプション資材費、工事費は別途見積り

問/株式会社ルートレック・ネットワークス
TEL:044-819-4711

agbee(アグビー)

アタッチメント着脱型の多機能型農業ロボット。先を歩く農家の後ろを自動追従。農薬、肥料、収穫物の運搬、除草、害獣見回りなどをこなす。価格未定。

問/中西金属工業株式会社
TEL:06-6351-4832
メール:nkc.agri@gmail.com

MY DONKEY®(マイドンキー)

※画像は2018年9月26日時点の試作機

農家の後ろをぴったり追従する相棒ロボット。作物の運搬だけでなく、収穫量の計測や予測、草刈りもできる。価格未定。2019年発売予定

問/株式会社日本総合研究所創発戦略センター
TEL:03-6833-6565

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正