注目キーワード

最新技術

ドローンで花粉を散布! 世界初の人工授粉ソリューションとは?

世界では次々と新しい農業のかたちが生まれている。今回は、アメリカで生まれたドローンによる花粉散布ソリューションをチェックしてみよう。

空から花粉を散布する
「ドロップコプター」

「ドロップコプター」はドローンを活用した世界初の果樹園向け人工授粉自動化ソリューション。事前に設定したルートに沿って、樹冠から約3メートル上空を飛行し、授粉が必要な樹冠に花粉を直接散布することで、無駄を軽減した効率的な人工授粉を行う。

また、受粉を媒介するハチは寒い時期や夜間に活動が鈍くなりがちだが、「ドロップコプター」は昼夜や気象を問わず自動で人工授粉できるため、限られた開花期を有効に活用できる。



「ドロップコプター」はこれまでに米国でリンゴ、梨、アーモンド、チェリーの人工授粉に活用されており、果樹園での農業生産制を高め、収穫高の向上に寄与するソリューションとして期待が寄せられている。


TEXT: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム
  2. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  3. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 割れを防いで良品率アップ! 天然保水性ポリマー「EFポリマー」がニンジンのブランド化に貢献...
  8. 多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正