再エネ・最新技術

ドローンで花粉を散布! 世界初の人工授粉ソリューションとは?

世界では次々と新しい農業のかたちが生まれている。今回は、アメリカで生まれたドローンによる花粉散布ソリューションをチェックしてみよう。

空から花粉を散布する
「ドロップコプター」

「ドロップコプター」はドローンを活用した世界初の果樹園向け人工授粉自動化ソリューション。事前に設定したルートに沿って、樹冠から約3メートル上空を飛行し、授粉が必要な樹冠に花粉を直接散布することで、無駄を軽減した効率的な人工授粉を行う。

また、受粉を媒介するハチは寒い時期や夜間に活動が鈍くなりがちだが、「ドロップコプター」は昼夜や気象を問わず自動で人工授粉できるため、限られた開花期を有効に活用できる。



「ドロップコプター」はこれまでに米国でリンゴ、梨、アーモンド、チェリーの人工授粉に活用されており、果樹園での農業生産制を高め、収穫高の向上に寄与するソリューションとして期待が寄せられている。


TEXT: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  8. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル