注目キーワード

最新技術

飼料の最適な配合率が簡単に算出できる! ドイツ発の”スマート給餌ソリューション”

世界ではどのような畜産技術が開発されているのだろうか。ドイツでも、新たなスマート畜産サービスが登場している。今回は「クラウドベースのスマート給餌ソリューション」を紹介。

飼料の最適な配合率を算出
スマート飼料給与システム

ドイツで開発されたフォドジャンは、乳用牛、肉用牛、豚を対象に、給餌作業を効率化し、飼料費を軽減させながら、家畜の健康促進に寄与するクラウドベースのスマート給餌ソリューションだ。

飼育している家畜の頭数と飼料の種類、量を入力すると、独自のアルゴリズムにより「飼料費の削減」、「家畜の健康増進」、「生産乳量の増加」などの目的に応じて飼料の最適な配合率を算出する仕組み。飼料マネジメントや配合率の調整に役立てられる。

基本的な機能はスマートフォンアプリとして無料で配布されているほか、詳細な分析や給餌計画の策定が可能なプレミアム版「フォドジャンプロ」も月額49ユーロ(約5800円)で提供されている。

©fodjan GmbH




文: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.15(2020年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  4. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 微生物が根に共生して生育促進! ネギ栽培を助ける“菌根菌”って?
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正