注目キーワード

最新技術

人工知能を使用して食生活の向上を! 世界各国の最新AI事情

あらゆる業界に進歩をもたらしているAIだが、食の業界も例外ではない。世界では、最新の人工知能を利用し、従来では考えられなかった技術が続々と開発されているのだ。今回は、これからの食生活を大きく変えるであろう次世代の技術をご紹介。

人工知能の活用により
進化するレシピアプリ

近年、人工知能(AI)によるデータ分析が、消費者の食生活の利便性の向上や、消費者の嗜好・ニーズへの理解を深化させる手段として活用されるようになってきた。

「ウィスク」は、ディープラーニング(深層学習)をベースとする独自のアルゴリズム「フード・ゲノム」により、レシピの文言から料理の材料や味、栄養価、保存性などを自動で分析する次世代型レシピアプリだ。


レシピアプリ「ウィスク」の画面 ©2020 Whisk. All rights reserved

世界最大級のフードコミュニティサイト「オールレシピ」や米国の料理番組専門チャンネル「フードネットワーク」など、欧米の主要なレシピサイトに掲載されている200万件以上のレシピデータから選んで「ウィスク」に登録すると、栄養価などが表示されるとともに、材料が買い物リストとして自動で生成される仕組み。

この買い物リストを用いてネットスーパーで注文し、必要な食材を宅配してもらうこともできる。

デンマークのレシピアプリ「プラント・ジャマー」は、レシピに合わせて必要な食材を買い足すという従来のアプローチと真逆に、AIが家庭にある食材や調味料をもとに最適な料理を導き出すのが特徴だ。


レシピアプリ「プラント・ジャマー」の画面 ©2020, Plant Jammer ApS

パスタ、サラダ、スープなど、メニューのジャンルを選び、使用したい食材や調味料を入力すると、独自のAIが、食材同士の相性を考慮して、五味のバランスや香り、食感を分析し、最適なレシピを自動で生成する。
 



 

人工知能を用いて
消費者ニーズの変化を把握

よりよい食生活や新たな食体験を次々と追求する消費者に対して、食品メーカー、小売企業、飲食店らは、その嗜好やニーズの変化をいち早く的確に捉え、対応し続けることが求められている。

イスラエルで開発された「テイストワイズ」は、AIにより消費者の食の嗜好やニーズをリアルタイムで分析するB2B向けクラウド型ソリューションだ。


テイストワイズの分析レポート ©Tastewise Technologies Ltd.

独自の機械学習アルゴリズムが、1ヶ月あたり約1億件のツイッターやインスタグラムへの投稿画像、レシピサイトに掲載されている400万件以上のレシピデータ、54万件以上の飲食店のメニューをもとに、内食から外食まで、あらゆる食シーンを網羅し、最新の食の嗜好やニーズを分析。

食品メーカーの商品開発や飲食店のメニュー開発などに役立てられている。
 



 

未知の栄養素を
人工知能によって発見

消費者の健康志向が高まるなか、植物に潜むファイトニュートリエント(植物栄養素)をAIによって発見するソリューションも生まれている。


ブライトシードと提携したダノン ©Danone North America Public Benefit Corporation

米国のスタートアップ企業ブライトシードは、何百万種ものファイトニュートリエントをマッピングし、健康効果が期待できる成分とその組み合わせを導き出す世界初のAIソリューション「フォレジャー」を開発した。

2020年6月には、仏食品大手ダノンと提携し、このソリューションを用いた植物性原料の健康効果の解明をすすめている。
 

DATA

ウィスク
プラント・ジャマー
テイストワイズ
ブライトシード
ダノン


文:松岡由希子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  4. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  7. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正