注目キーワード

最新技術

3Dプリンターで肉を生成!? 最新技術を活用してエコでヘルシーな食生活を

3Dプリンターの活用により、食の分野でもイノベーションが生まれつつある。3Dプリンターは様々な素材を幅広く用いることができ、設計のカスタマイズやパーソナライズをしやすいのが特徴だ。

3Dプリンターで
植物由来ステーキ肉を出力

イスラエルのスタートアップ企業「レディファイン・ミート」は、2020年6月、3Dプリンターで生成する植物由来のステーキ肉「オルト-ステーキ」を世界で初めて開発した。


植物由来のステーキ肉「オルト-ステーキ」 ©2019 Redefine Meat. All rights reserved

食肉の筋肉を模した「オルト-マッスル」、脂肪を模した「オルト-ファット」、血液を模した「オルト-ブラッド」という3種類の植物由来の素材を独自の専用3Dプリンターで積層し、ステーキ肉の見た目や味、香り、食感を精緻に再現。食肉の生産に比べて環境負荷を95%軽減でき、コレステロールゼロで高タンパク質と、食肉よりもヘルシーなのが利点だ。


レディファイン・ミートが開発した専用3Dプリンター©2019 Redefine Meat. All rights reserved

「オルト-ステーキ」は、現在、一部の高級レストランで試験的に提供されており、2021年には正式に発売される見込みとなっている。

パーソナライズされたサプリを
3Dプリンターで出力

英国の「ナーリッシト」は、世界初の3Dプリンターを用いたパーソナライズ型サプリメントブランドだ。

ユーザーがオンラインでアンケートに回答すると、ユーザーの健康状態やライフスタイル、サプリメントの用途などを独自のアルゴリズムが分析し、ビタミンC、鉄分、亜鉛、葉酸など、28種類の栄養素から最適な7種類の栄養素を特定。3Dプリンターで各栄養素を層状に重ね、カラフルなグミ状のサプリメントとして出力する。


ナーリッシトのパーソナライズ型サプリメント ©2020 Nourished All rights reserved

「ナーリッシト」は、定期購入型サービスとして展開しており、ユーザーに合わせてパーソナライズされた28粒のサプリメントが4週間ごとに宅配される仕組みとなっている。

3Dプリンターで
余剰食料をアップサイクル

従来であれば廃棄されていたものに新たな価値を付加して蘇らせる「アップサイクル」のアプローチを応用し、3Dプリンターによって余剰食料を付加価値型食品に転換させる試みもみられる。

オランダの「アッププリンティング・フード」は、余剰となったパンや米飯、規格外の野菜、果物を配合してピューレ状にし、3Dフードプリンター用の材料に転用。


アッププリンティング・フードを活用したタルト ©2020 Upprinting Food

クッキー生地やタルト生地として3Dフードプリンターで出力し、焼成すれば、保存性の高い食品に生まれ変わる。現在、オランダ国内のレストランでは、「アッププリンティング・フード」を活用したユニークなデザートメニューが提供されている。

DATA

レディファイン・ミート
ナーリッシト
アッププリンティング・フード


文:松岡由希子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正