注目キーワード

最新技術

収穫から包装までの工程を可視化&リスク改善へ! アボカドそっくりのセンサーが開発中

世界のトレンドをチェックしよう。食農ビジネスでも様々な技術が登場している。南アフリカで開発されたのは、アボカドそっくりのセンサー。これがあれば、アボカドの一連のプロセスを可視化できるのだ。

「スマートアボカド」とは!?
損傷リスクの把握、改善へ

南アフリカ共和国プレトリア大学の研究チームは、アボカドが農園で収穫されてから包装工場で包装されるまでのプロセスをデータで可視化する「スマートアボカド」を開発。

アボカドの硬さを再現した筐体を3Dプリンターで出力し、その内部にセンサーを埋め込む仕組みだ。

収穫物と同梱された「スマートアボカド」 ©André Broekman

農園から出荷されるコンテナにアボカドと同梱することで、温度や湿度、光強度といったコンテナ内の環境や、回転速度、加速度、勾配など、輸送中の動きを測定。データ解析によりアボカドの損傷リスクを定量的に把握し、ポストハーベストの工程改善につなげる。

2019年3月には南アフリカ共和国の大規模農場で実証実験が行われ、現在、実用化に向けた改良がすすめられている。




文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.17(2020年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  8. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  9. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正