注目キーワード

最新技術

収穫から包装までの工程を可視化&リスク改善へ! アボカドそっくりのセンサーが開発中

世界のトレンドをチェックしよう。食農ビジネスでも様々な技術が登場している。南アフリカで開発されたのは、アボカドそっくりのセンサー。これがあれば、アボカドの一連のプロセスを可視化できるのだ。

「スマートアボカド」とは!?
損傷リスクの把握、改善へ

南アフリカ共和国プレトリア大学の研究チームは、アボカドが農園で収穫されてから包装工場で包装されるまでのプロセスをデータで可視化する「スマートアボカド」を開発。

アボカドの硬さを再現した筐体を3Dプリンターで出力し、その内部にセンサーを埋め込む仕組みだ。

収穫物と同梱された「スマートアボカド」 ©André Broekman

農園から出荷されるコンテナにアボカドと同梱することで、温度や湿度、光強度といったコンテナ内の環境や、回転速度、加速度、勾配など、輸送中の動きを測定。データ解析によりアボカドの損傷リスクを定量的に把握し、ポストハーベストの工程改善につなげる。

2019年3月には南アフリカ共和国の大規模農場で実証実験が行われ、現在、実用化に向けた改良がすすめられている。




文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.17(2020年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正