注目キーワード

最新技術

アメリカで販売開始! 青果物や切花の鮮度を長期間保持できるコンテナ

海外では、画期的なアイデアが続々と登場している。アメリカで商用販売されているのは、鮮度をのばすコンテナ。特許も取得されている画期的なソリューションだ。

青果物や切花に適用
鮮度を長持ちさせるコンテナ

アメリカ・スタートアップ企業のライプロッカーは、青果物や切花の鮮度を長期間保持する独自のコンテナを開発した。種類に応じてコンテナ内の酸素濃度や気圧、二酸化炭素濃度、湿度を最適に調整。コンテナ内の空気を精緻に制御して、作物の腐敗や劣化を大幅に抑制し、鮮度を長持ちさせる。これまでの実証実験では、有機栽培されたブルーベリーを8週間にわたって新鮮に保持し、バラの鮮度を4週間保持した。

また、コンテナの寸法は冷蔵船や冷蔵トラックに合わせて設計され、積み重ねることも可能だ。ライプロッカーでは、コンテナの設計とオペレーション手法について特許を取得。いよいよ2021年夏からコンテナの商用販売を全米で展開している

©RipeLocker




文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.21(2021年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正