注目キーワード

最新技術

スマート化が進む施設園芸、イスラエルでトマト収穫ロボットが登場

日本においては、農業就業人口の減少や農業者の高齢化により、農業の労働力不足が深刻な問題となっている。そんな中、アグリテック先進国のイスラエルではトマトを収穫するロボットを開発し注目を集めている。

24時間体制でトマトを収穫するロボット
労働時間を80%以上削減へ

イスラエルのスタートアップ企業メトモーション社が開発した「グロウ」は、施設園芸向けのトマト収穫ロボットだ。温室内を自律走行しながらトマトの実を検知。その色から熟度を評価し、2本のロボットアームが二方向で実を枝から切り離す。そして下部のコンベアに乗せて移動させ、内蔵コンテナに保管していく。温室内の既存システムに影響を及ぼすことなく導入でき、昼夜を問わず、年中無休24時間体制で安定的に収穫できるのが利点だ。

収穫作業の省人化にも寄与し、収穫作業に要する労働時間を80%以上削減できる。2022年6月にはオランダの施設園芸の国際見本市「グリーンテック」で開催した「ロボットチャレンジ」で優勝し、注目を集めている。



©MetoMotion

DATA

「グロウ」


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.24(2022年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正