注目キーワード

最新技術

乾燥地帯で大気中の水分を集めて作物を栽培!? サウジアラビアで実証実験が始まる

農業に不向きとされている乾燥地帯。サウジアラビアでは、太陽光発電しながら大気中の水分を集めて作物を栽培することに成功した。実用化が期待されるソーラーパネルを使った最新技術とは?

メイン画像:WEC2Pのコンセプト図

電力・水・食料を集める!
1台3役のソリューション

サウジアラビアのアブドラ王立科学技術大学の研究チームは、特殊なハイドロゲルとソーラーパネルを組み合わせ、太陽光発電しながら大気中の水分を集めて作物を栽培する「WEC2P」を開発した。ソーラーパネルの上部に塗布されたハイドロゲルが大気中の水蒸気を吸収し、ソーラーパネルからの廃熱でこれが加熱されると、凝縮した水が放出される仕組みだ。この水を用いて作物を栽培できる。


特殊なハイドロゲルを付着させたソーラーパネルと栽培ソリューションの様子

2021年6月15日~30日にはサウジアラビアで「WEC2P」の実証実験を実施。大気中から集めた水のみを灌漑に利用した結果、空心菜の種60個のうち57個が発芽し、18cmまで成長した。乾燥地帯で再生可能エネルギー、水、食料を供給するソリューションとして実用化が期待されている。

©Renyuan Li



DATA

「WEC2P」ニュースリリース


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.24(2022年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正