注目キーワード

最新技術

世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入! 蜂群の音で健康状態を診断できるIoTデバイス

今回紹介する海外農業トレンドは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」。巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断できる。

蜂群の音で健康状態を診断
養蜂向けのIoTデバイス

アメリカのスタートアップ企業オズビーハイブスは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」を開発した。

巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断。必要な電力は付属のソーラーパネルにより太陽光発電でまかなう仕組みだ。

養蜂家は専用スマートフォンアプリを介して巣箱の状態をいつでも確認でき、蜂群の異常を早期に検知できる。「バズボックス」はこれまでに世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入され、米国とEUを対象エリアとして1台159ドル(約1万6500円)で販売されている(2020年12月時点)。

©OSBeehives,Inc.


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  5. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...
  8. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. ハウス内を自動で防除する!丸山製作所の農薬噴霧ロボット「スマートシャトル」に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正