注目キーワード

最新技術

世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入! 蜂群の音で健康状態を診断できるIoTデバイス

今回紹介する海外農業トレンドは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」。巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断できる。

蜂群の音で健康状態を診断
養蜂向けのIoTデバイス

アメリカのスタートアップ企業オズビーハイブスは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」を開発した。

巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断。必要な電力は付属のソーラーパネルにより太陽光発電でまかなう仕組みだ。

養蜂家は専用スマートフォンアプリを介して巣箱の状態をいつでも確認でき、蜂群の異常を早期に検知できる。「バズボックス」はこれまでに世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入され、米国とEUを対象エリアとして1台159ドル(約1万6500円)で販売されている(2020年12月時点)。

©OSBeehives,Inc.


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム
  2. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  3. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 割れを防いで良品率アップ! 天然保水性ポリマー「EFポリマー」がニンジンのブランド化に貢献...
  8. 多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正