注目キーワード

最新技術

世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入! 蜂群の音で健康状態を診断できるIoTデバイス

今回紹介する海外農業トレンドは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」。巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断できる。

蜂群の音で健康状態を診断
養蜂向けのIoTデバイス

アメリカのスタートアップ企業オズビーハイブスは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」を開発した。

巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断。必要な電力は付属のソーラーパネルにより太陽光発電でまかなう仕組みだ。

養蜂家は専用スマートフォンアプリを介して巣箱の状態をいつでも確認でき、蜂群の異常を早期に検知できる。「バズボックス」はこれまでに世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入され、米国とEUを対象エリアとして1台159ドル(約1万6500円)で販売されている(2020年12月時点)。

©OSBeehives,Inc.


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正