注目キーワード

最新技術

青果物の品質が“見える”! 光学技術と人工知能を用いたソリューションとは

熟度や鮮度、栄養特性など、外観から見えない情報を可視化できる技術「ハイパースペクトルイメージング」とは。

品質の可視化により
食品ロスの削減にも寄与

©Apeel Sciences

米国のインパクトビジョンは、高波長分解能(波長の違いを高度に識別する能力)で対象物の反射光をとらえ、光の特性を利用してこれを可視化する「ハイパースペクトルイメージング」に強みを持つスタートアップ企業だ。

青果物の内部をハイパースペクトルイメージングによって細かくとらえ、画像データを機械学習モデルで処理して品質にまつわる視覚的な特徴を識別する独自のソリューションを開発。

青果物の選別・加工プロセスにこれを組み込むことで、熟度や鮮度、栄養特性など、外観から見えない情報を可視化できるのが利点だ。青果物の品質管理に役立つのみならず、サプライチェーンにおける食品ロスの削減にも寄与すると期待されている。



 
▶▶ハイパースペクトルイメージングを詳しく知る!


文/松岡由希子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 憧れの自動運転!トラクター自動化製品まとめ 【スマートトラクター編】...
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正