注目キーワード

最新技術

アメリカで注文殺到! AIとレーザー技術を活用した自律走行型除草ロボットとは?

農業×テクノロジーが止まらない! 大好評により2021年、2022年モデルがすでに完売! アメリカのスタートアップ企業が開発した自律走行型除草ロボットの凄さとは。

人工知能の活用により
土壌の微生物叢を乱さず除草

Carbon Robotics

「レーザーウィーダー」は、米スタートアップ企業カーボン・ロボティクスが開発した重さ9500lb(約4.3t)、幅80inch(約2m)の除草ロボットだ。

時速5mile(約8km)で自律走行しながら、高解像度カメラ12台で圃場をモニタリングし、人工知能を用いて雑草をリアルタイムで判別。

雑草の分裂組織を標的として8本の除草モジュールが150wの炭酸ガスレーザーを誤差3mmの精度で50mm/秒ごとに照射し、土壌の微生物叢を乱すことなく、1日に15~20a(約6~8ha)を除草する。

2021年4月に最新機種を発表したところ、米国内の大規模農家を中心に注文が相次ぎ、2021年モデルと2022年モデルはすでに完売している。

▶▶「レーザーウィーダー」を詳しく見る!




文/松岡由希子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  7. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  8. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正