注目キーワード

最新技術

地産地消と循環型経済が融合する、ベルギー最大の地下農場とは?

約3000㎡に広がるベルギーの地下農場「エクロ」。都市型農業とサーキュラーエコノミーを融合させたモデルを特徴とする。地下農場で葉野菜やキノコを栽培する仕組みとは?

地域の連携により
循環型経済を実現! 

エクロは、ブリュッセルの大型イベント施設「キュレゲムセラーズ」の地下約3000㎡に広がるベルギー最大の地下農場だ。地産地消を実現する都市型農業と廃棄物を資源として有効に循環させるサーキュラーエコノミーを融合させたモデルを特徴とする。

この地下農場では、垂直農法により省スペースで、光や温度、湿度などを最適に制御しながら、パクチーやルッコラなどの葉野菜を月2万本生産。また、食品スーパーや地元のビール醸造所と連携し、販売期限切れのパンやビールの搾りかすなどでできた菌床でシイタケやエリンギなど、月約6tのキノコも栽培している。これらの農産物はベルギー国内のオーガニックスーパーやレストランに供給されている。

© ECLO srl

  

DATA

ECLO WEBサイト


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.25(2022年秋号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 化学農薬に依存しない近未来の防除技術「青色レーザー」「オールマイティ天敵」「共生微生物」に迫る...
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正